映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 洗える用正絹長襦袢 | main | 星空柄小紋 >>

緑色羽織

作品名 緑色羽織
制作者 前田幸四郎 さん

 

 

 

 

受講生徒コメント

メルカリで購入しました。これから涼しくなる季節に向けて洋服の上にジャケット代わりに羽織れる様な羽織が欲しいと思い、お教室で縫いました。 
縫ってみると縫いが硬くて驚きました。針を何本も折ってしまいました。

今回の羽織の点数は50点。縫う前のコテ当てなど手順を覚え、次回はもう少し自己採点の点数を上げていきたいです。


やまもとコメント

「あれ、ここはこうでしたっけ?」と以前縫った手順を思い出しながらお教室の時間を過ごしてくださっている前田さん。伝えたことが少しずつ身についていただけてるのかな、と嬉しく思います。羽織のポイントは襟の準備にあります。きっと前田さんはお気づきなのでしょうね。50点とは!ご自身の手で縫っていただいてますので、満点でも良い位の出来上がりになっていますよ!

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする