映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 紅花単衣 | main | 麻の葉柄の浴衣 >>

初めての羽織

作品名 初めての羽織
制作者 富谷さと子 さん

 

  

 

受講生徒コメント

初めての羽織が完成しました!
白生地から、自分の好みやイメージを伝え先生の助言を頂き、渋めで粋な紫色に染めていただきました!
元々織り込まれた銀糸のキラキラが映えて、とても素敵です。
和裁を習ってから、お教室での静かな時間や、いろいろなご縁で私の手元に来てくれた着物たちについて考えを巡らせている時の時間が、とても贅沢に感じて好きです。
いつか生活全体をもっと着物や和裁に費やせたらと、人生における目標、将来の楽しみもできました!
今は少し忙しくて、和服や和裁にどっぷり浸かれないことが残念ですが、日本人本来のゆったりとした時間の流れ、物を大切に丁寧に扱う心など、和裁を通じたくさんの気づきを下さいましたやまもと工藝様に感謝申し上げます。


やまもとコメント

お正月の福袋の中から選んでいただいた羽織の生地。銀糸だけでなく、よこ糸に太い糸が織り込まれていて、縫いづらく感じるかな。と心配でしたが、スムーズに手が進んでいて安心いたしました。白生地の時から銀糸がキラッと光っていましたが、富谷さんらしい粋なお色を選んでいただいたことでキラキラがより映えてドレッシーな雰囲気が増しましたね。

日々のお忙しい中、足を運んで頂けたことに感謝いたします。針を持ったり和服に触れたりする機会がゼロにならないように、少しでも時間を作っていただければ幸いでございます。

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする