映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 横浜STビルで展示をしております | main | 生成の紬の袷 >>

あわせ羽織(着物リメイク)

作品名 あわせ羽織(着物リメイク)
制作者 Y.S さん

 

 

  

 

      

 

受講生徒コメント
リサイクルショップで柄にひかれて購入した着物のリメイクです。
初めは半幅帯にしようかな、と思っていたのですが、柄が少ししか出ないのはもったいないと思うようになり、先生に相談して羽織にすることに。地のしの時にみるみる縮む のにちょっとびっくりしました。アンティークなので幅は大丈夫かなぁと心配しましたが、今回は袖だけでなく、肩にもハギを入れることで サイズはOKに。ただ、柄あわせが大変だったそうです。
とっても素敵になるように柄合せしていただいてありがとうござい ました。最後の衿付けが家にいる時に終わったので、すぐに羽織って一人にまにましちゃいました。
一度決めていた羽裏を変更したのですが、仕立てたものもアンティークな表にくらべて 新品なので少し浮いてしまったかなあと思っています。着ているうちになじんでくるといいなと思います。

後日もとの着物を買ったリサイクル着物屋さんに、リメイク出来上がりを見せに行ってきました。

お店の方が、言われないとはぎがされているとわからなかった!もとの持ち主さんもきっと喜んでる、とおっしゃってました。

何箇所か穴あき補修がされていた着物なので、もとの持ち主の方も大事に着られていたと思うので、私も大事に着たいと改めて思いましたし、こうやって受け継がれていくのも着物のいいところですよね!


やまもとコメント

着物からの仕立て変えでしたので、使用できる生地の範囲が決まっていたので、ハギが目立たないような柄位置に決めるのには時間がかかりましたが、リサイクル着物屋さんにも驚いていただけて、嬉しいです。Sさんも頑張って、綺麗に細かく縫っていただきましたので、ハギの縫い目は全く分かりませんね!着用時の写真も送ってくださり、ありがとうございます。シックなお着物に流れるような万寿菊が華やかなコーディネートは秋の装いですね。羽織に仕立て変えて正解でしたね!

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする