映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

きるものがたり展’18:生徒作品展 4月19日(木)〜24日(火) そごう横浜新都市ビル 9階 入場無料
沖縄染織いざなふの風:5月6日〜8日、6月11日〜12日、日本橋COREDO室町3 三階「橋楽亭」にて
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 着付/和裁教室のご案内 | main | グレー地格子柄大島紬 >>

山本工藝とは

合わない着物を一生懸命にきてませんか?

和裁士・山本秀司  が主宰する山本工藝。
袈裟/袋/衣の仕立てを中心とした、きるもののトータルサポートをしている工房です
仕立ての良さはしっくりと体に馴染むという表現がふさわしい一級品(工料表)

全国のきものファンや、布好きのお客様にご信頼をいただいております

◎工房主催(和裁教室)が好評です
・山本工藝というプロの仕立て工房で、その技術を簡潔に教えています
・100人中99人が初心者の方です。針の持ち方から指導しています
・好きな物を、空いている時間帯で、ご自分のペースで進めます
・寸法や要所をしっかり指導します。初心者もその出来栄えに感動するでしょう
 生徒の作品集をご覧下さい、あなたにもできます
・あなたの「身体ににしっくり馴染む」きものの寸法を山本が割り出します
・「自分のきものを自分で縫う」この贅沢な感動を感じてみませんか?

◎その仕事は雑誌にも
家庭画報*1のきものコーナー  (’09年終了)
きものサロン*1の表紙などの着物(’09年終了)
・季刊「きもの」山本秀司の沖縄染織紀行「南の風に呼ばれて」連載
・季刊「きもの」*2 山本秀司監修「仕立ての基本と工夫」を連載
  ※1 発行/世界文化社
  ※2 発行/繊研新聞社
◎会員にはさまざまな特典を
・裁縫用具
・生地
・洗張り・染め替へ・ガード加工
・仕立てや寸法直しなどの加工代金など 
 以上5%OFFにて提供
山本とは 入会ご案内と、加工料金 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする