映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< きものサロン'08春号 | main | 作務衣上衣 >>

[季刊きもの]春 第171号



(株)繊研新聞社より発売されております
[季刊きもの]春 第171号

P30に「オトコゴノミ」が掲載されています。
繊研新聞「季刊きもの」様には、
京都でも熱烈な取材をしていただけました。。感謝

京都展にはホントに大勢の人に来ていただけました(推定400人)
スタッフの1人として御礼申し上げます。ありがとうございました。

当初予想していた数を大幅にこえる人波の時もあり、行き届かない点が
あったと思います。
これを東京展に活かすべくスタッフ一同がむばります!

ラミュゼ de ケヤキではさらに大混雑が予想されます
(大袈裟かも!ですが平日の方がゆっくり見れます)

この機会を逃さずに、気に入ったものを目に焼き付けに来てください。。
・・・で買ってあげてください・・・・・。




P94の「和裁のひろば」コーナーに
特集「座談会」記事が掲載されております。。
これからの仕立て屋として、というお題でなんか偉そうな事を喋っております。。。
活字になるとね〜・・・・・・・。。


メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする