映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 長襦袢の着心地/ 24日 仕立て目利き処/ 25日羽織り奥深き難しき 連日9:30~11:00
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ポップにならなかった襦袢(白地・鳥獣戯画) | main | 竹柄の浴衣 >>

銘仙長着(グレー地・猫柄)

作品名銘仙長着(グレー地・猫柄)
制作者M.K さん










生徒コメント
とにかく大変でした!!

初の袷の着物。裏地はフワフワと柔らかく、縫い目もチリチリと・・・
最大の難関は、表と裏のとじ。何度お直しをしたことか。
途中かなり挫折ぎみでしたが、
先生のご指導のもと縫い上げることができました。

ネコバカな私のお気に入りの猫柄。
縫うのが大変だったことと、お気に入り柄ということで、
こちらも今後長く愛着のもてる一着になりそうです。

ちょっとコメント
ワタクシもとにかく大変でした!!全体のバランスを取るのに!
頭の中がアドレナリンでいっぱいになります。
私の中でも達成感がある、思い出に残る柄合せの作品になりました。

そんなのが、縫われて嫁いで行ってしまうのは
なんかチョットさびしい気も…
出戻るように、着たとこ見せてくださいね
山本流 技・知恵・仕様 | permalink | comments(2) | - | - | -

この記事に対するコメント

裁ちで嫌になっちゃいそう。。。
大きな小紋の跳び柄は難しくて、正直やりたくないです(@∀@;)。
でも、こんなにバランスよく配置が決まればとっても素敵ですね。

師匠、コツを内緒で(笑)教えてください。
格子の時のように、やっぱり反物全部を測るんですか?

秋 | 2008/11/01 10:58 PM
いや〜これは測ることないですよ
 コツはhttp://blog.yamamoto-kimono.jp/?eid=524533#comments
  でも言っているけど
 
大事にしたのは 
 この猫ちゃん柄が持っている特性を活かす事を考えましたね
  この柄はこうであってもそれが他の柄に
   当てはまるかと言うと、決してそうではないので柔軟に!
    
例えばこの織り縫い http://blog.yamamoto-kimono.jp/?search=%BF%A5%A4%EA%CB%A5%A4%A4
の柄は、きっちり合う柄をワザとズラしてるんですね
 業とするから、動きが生まれて良いんです
  但しこの柄の場合ね。。
  
やんまもっと | 2008/11/03 5:26 PM
コメントする