映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 長襦袢の着心地/ 24日 仕立て目利き処/ 25日羽織り奥深き難しき 連日9:30~11:00
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< かながわ技能フィスティバル | main | 篆刻 読めます? >>

名古屋帯(グレー)/帯芯について

作品名名古屋帯(グレー)
制作者エフ さん








コメント
名古屋帯でも仕立ては初めてでした。
帯地と芯を縫いとじていくところが大変でした。

ちょっとコメント
袋帯の方が、格が上ですが、
仕立ては、名古屋帯の方が2倍大変です。
開いて仕立ててある名古屋帯は3倍大変です。

帯は仕立て上がったスグですと、分かりにくいですが仕立てに違いが出るのは、
 :表地に沿った芯の扱い方が出来ているかと言うことと
 :表地の好みと締める人の好みに合った芯が選んであるかどうか

ですから芯の種類は、たくさん持ってないとダメですね
袋帯用とか名古屋帯には「これ」とかの二者択一程度では 
誂える仕立て”という世界からは程遠いです
好みがある時はしっかり伝え、それが出来ないと言うお店の仕立ては
見えなくとも
見なくとも
その中身の仕立ては、察しがついてしまいます。

帯芯の詰まる割合は10%もあることがあります。
芯が1割詰まるということは、どうなるか想像出来ますね。
山本の仕立ては、帯芯を水にさらして詰まりきってから仕立てるのです。

ちょっとうんちく  | permalink | comments(2) | - | - | -

この記事に対するコメント

私は、先月名古屋帯をお店で購入。おととい、仕立て上がりが届いたばかり。なので、タイトルに興味を惹かれた。
三択で決めた柄の私の帯は、どんな芯なのだろう・・すぐに着る予定はないので、もう少し慎重に決めればよかった少し後悔。
和裁がどのくらい大変なのか想像できないけど、自分の好きな生地・柄で、自分で作る楽しさと達成感もいいですよね。
ステキな名古屋帯に見えました。
スージー | 2008/11/07 12:00 PM
スージーさん 見てくれてありがとうございます 
 後悔なんてしないで、
  まずは愛着を持って締めてあげてください
   スージーさんの手元に来るのも
    その布が帯として生まれたのも
     縁あってのことですから。。

 自分で創り上げるのは、
  格別に嬉しく、
   身に纏う物なら、なお更の様です 
やんまもっと | 2008/11/07 7:23 PM
コメントする