映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「きものサロン2008-09冬号」 | main | 暖簾(のれん) 納めました >>

衿糸 山本仕様










女性長着の衿を折って止めておくのに
スナップか衿糸をつけるのですが、
山本では、衿糸をこのように付けています

   一般的に付いている衿糸は何度となく手に引っ掛かり、
   そのたびに広げて長さを調節してめんどくさい事ありますでしょう

   スナップは、緑青(ろくしょう)の錆びシミを付けることもあり、
   畳んで置いても、アタリ(跡)が強く出て生地を傷めがちです
   何よりも金属を付けたくなかったので・・・。

想いの糸を創りました

   真綿糸を福木(沖縄の幸福を招くと言われている染)で薄く染めて
   数本分を特別に撚り合わせてもらいました

   引いた糸も動いたり戻ったりする事がなく (真綿のため)
   単純で扱いやすく (手で引っ掛けにくく)
   使い込むほどにふっくらとしてきます。
    
狙い通りの使い心地になりました。。。


  どのお着物にも、お持ち込み下さればお取り換えいたします。

  お気軽にどうぞ、お試しくださいませ ¥1500
 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村    人気ブログランキングへ
       お願い!順位見たいでしょ。
       生徒様は2つともポチっとクリックしましょうね。。笑
 
山本流 技・知恵・仕様 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする