映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 長襦袢の着心地/ 24日 仕立て目利き処/ 25日羽織り奥深き難しき 連日9:30~11:00
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 台風の柄って | main | 「家庭画報」2009年4月号 >>

やさしい「着物の裁ち方」講座=回顧写真

日時 平成21年 3月1日(日) 9:45 〜 16:00=4名
   平成21年 3月2日(月) 9:45 〜 16:00=6名

にて、 やさしい「着物の裁ち方」講座 無事好評にて終了いたしました。(たぶん)
 長襦袢とか小紋の柄見極めとか、リクエストいただきましたので考えます〜
 でも体力いるんですね。参加する方もちろんワタクシも!

  喜びの声いっぱいで良かったかなと思います。。


緊張ぎみ?



胴裏の説明。。。いろいろな実践べつに



これから着物を着るとか!・・・・あっぱれ



ひっしそうに見えますが・・・



あってるか確認確認っと

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

先生ぐったりでしょうか、お疲れ様でした!あれだけ一人ひとりの様子を見ながら丁寧に教えてくださって本当にありがとうございました。

今回初めて参加させていただきましたが裁ち方の流れやポイントを教えてくださって、なんでこんな風にわかりやすく教えてくれるんだろうってくらいありがたい気持ちになりました。理にかなった説明と、無駄な固定概念も払拭させてくれるような、まさしく温故知新な講座でした。

和やかな雑談の中にも先生の知識と経験とセンスの溢れる貴重なお話が聞けて、中身の濃い一日になりました。

ぜひ、次のステップアップ講座をお願いします!これからも和裁の楽しさを教えて下さい。ありがとうございました。

あま栗 | 2009/03/02 10:01 PM
ご参加ありがとうございました お疲れ様でした

「なんでこんな風にわかりやすく教えてくれるんだろうって・・・」
 デタラメな
 しいたげられた和裁の世界にどっぷりはまっていたのですねー。。
  新しい世界へようこそ!

  やさしく教えるって実はものすごくレベルが高くないと
   出来ないんすよ

   あとカッコつけないことです 何事も

   またお逢いしましょう。。
  
やんまもっと | 2009/03/04 9:45 PM
この度の裁ち方講座では大変お世話になりました。

着物が大好きでよく着ていますが、
仕立てや着物のお手入れではこれまで祖母に頼るだけで、その和裁に疎い私でも反物を裁つ流れが何となく理解できるように思いました。
こちらの手が遅くても戸惑っていても待っていて下さったり、先生が優しく根気良く教えて下さったおかげ、と感謝しております。

また、先生の講座から、寸法の計算やお道具の使い方など和裁は合理的なもの、とも思いました。素晴しい技術ですね。

合間に聞かせて下さったいろいろなお話も、とても勉強になりました。
ほぼ一日の講座で始めはついていけるかどうか不安だったのですが、
時間が惜しいほどに短く感じられる有意義な一日を過ごさせていただきました。
本当にありがとうございました。

椿 | 2009/03/05 6:07 AM
その「なんとなく」 でいいし
  「なんとなく」ってのが大切なんだと思います

上の「なんとなく」と思ったことが実はスゴク
 着物を立体的に捉えられたという証ではないでしょうか
  その言葉が聞けただけで満足ですー。。。。
   お疲れ様でした ありがとうございました
やんまもっと | 2009/03/05 10:59 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/782402
この記事に対するトラックバック