映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 九寸名古屋帯 訪問着と付け下げの違い | main | やさしい長襦袢の裁ち方講座=終了 >>

夏物単衣(絽、色無地)

作品名夏物単衣(絽、色無地)
制作者M.O さん








生徒コメント
薄物でやわらかものだけに、針目に神経使いました。
それに仕上げをしていただく直前まで何度も縫い直しもしました。
でも最後に先生に仕上げをしていただいた作品を見た時は、
やっぱり感動でした。
早速着て、友達に自慢しようかなー、と思います。
ありがとうございます。

ちょっとコメント
そう言っていただけると、やったかいがあります。
実際プロの縫った着物をアイロンで仕上げるのと
生徒さんのを仕上げるのとでは、5倍っ手間が掛ります。。

う〜ん、溜ってますね〜ごめんなさいー。
なかなかすべてをアップすることが出来ませんね。
生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/960934
この記事に対するトラックバック