映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< やさしい長襦袢の裁ち方講座=終了 | main | 篆刻・落款を創る講座、開きます >>

羽織から帯へ

作品名羽織を帯へ作りかえ
制作者yaya さん










生徒コメント
残された羽織から名古屋帯と半幅帯を作りました。
名古屋帯は自分用に付け帯にし、
半幅帯は友人への誕生日プレゼントです。
着物のハードルを下げる為、ここの付け帯はお勧めです。
いつでも原状回復可能ですから。

あわただしい日常の中で、
静かな時が流れる大切な場所になっています。

ちょっとコメント
長着着物から羽織り、道中着、それからコート、さらに帯へと変化させる、
作り直せることが可能です。
基本に沿った和裁技術で縫われることが、重要です。。
出来あがってしまうと中身が見えませんから、
信用のおける所、特にクレームを上げれる所かどうかと言う事が
着物を作る上の大きな判断材料になりますね

付け帯、気に入ってもらえ勧めてくれてありがとう。笑
ハサミで切ってしまわないで作るタイプなのです
着るための道具も使いません
10年前から採用してますが
最近ダイブ普及してきたでしょうか?見かけるようになりました
お太鼓か銀座結びか、形を特定してしまいますけど
楽は楽です。肩に痛みの出る方にはお勧めです
生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/999353
この記事に対するトラックバック