映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

きるものがたり展’18:生徒作品展 4月19日(木)〜24日(火) そごう横浜新都市ビル 9階 入場無料
沖縄染織いざなふの風:5月6日〜8日、6月11日〜12日、日本橋COREDO室町3 三階「橋楽亭」にて
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

山本セレクト品のコーディネート

やまもと工藝の玄関では、山本セレクトの反物・帯・帯〆のコーディネートをご紹介しております。

不定期ですが季節ごとに変わる景色をご覧くださいませ。

 


 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

グループレッスン始まりました

本日より着付けグループレッスン8回コースが始まりました。

長襦袢から30分で着付けが出来るようになるために週一回の集中講座です。

今期は金曜日のコースはなくなり、土曜日のみの開催となりました。

 

1回目のポイントは補正と長襦袢の大切さです。

補正は土台となります。

出来上がりがこけしの様な寸胴になるように一人一人の体型を見て先生が補正する箇所を教えてくれました。

 

その上に長襦袢です。

綺麗に着る為の基礎ですので、長襦袢の羽織り方から何回も何回も着ました。

 

お着物の畳み方もしっかりとお伝えします。

 

1回2時間ですが初回だったので、生徒さんはなかなか腕が上がらなかったり、体が痛かったり。

「普段使わない筋肉を使ってストレッチになりましたね」と先生の一言。

週1回の講座なので体が着付けに馴れてくるのも早いと思いますよ。

これから綺麗な着物姿目指してがんばっていきましょう!!

 

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

5月のお教室

平成30年5月の和裁教室のお休み日時と、着付教室の日程をお知らせします。

 

■お教室のお休み  

夜の教室(18:30〜21:00)はしばらくお休みさせていただきます。

5月  3日(木・祝)〜9日(水)終日

5月14日(月)終日

5月20日(日)、21日(月)終日

5月28日(月)終日 

5月30日(水)終日

 

着付グループレッスン (1回2時間)

45 /初心者向け「長襦袢から30分で着る」講座 全8回  

料      金:24,000円(税別) (着物レンタル 5,000円(税別))

講座内容:きもの未経験者や、長い間着ていなくて心配!覚えてるかを

     再確認をしたい人を対象とした一重太鼓(名古屋帯)の集中講座です。

開講日程:金曜午前、土曜午後の2クラス

・金曜クラス 10:30〜12:30(定員 各3名)

     第1回    4月  6日(金)  肌着のつけ方、小物の準備 

     第2回    4月13日(金)  カンタン補整、長襦袢

     第3回    4月20日(金)  長着を着る、紐の扱い方

     第4回    4月27日(金)  座学(帯の種類、着物の種類)

     第5回    5月11日(金)  名古屋帯、着物・帯の合わせ方

     第6回    5月18日(金)  折り上げ(ピンチを使う)

     第7回    5月25日(金)  総まとめ

     第8回    6月  1日(金)  長襦袢から30分で着るトライアル

 

・土曜クラス 13:30〜15:30(定員 各3名)

     第1回    4月  7日(土)  肌着のつけ方、小物の準備 

     第2回    4月14日(土)  カンタン補整、長襦袢

     第3回    4月21日(土)  長着を着る、紐の扱い方

     第4回    4月28日(土)  座学(帯の種類、着物の種類)

     第5回    5月12日(土)  名古屋帯、着物・帯の合わせ方

     第6回    5月19日(土)  折り上げ(ピンチを使う)

     第7回    5月26日(土)  総まとめ

     第8回    6月  2日(土)  長襦袢から30分で着るトライアル

 

6月/袋帯(二重太鼓)の結び方講座 全4回  

料  金 :15,000円(税別)(着物レンタル 5,000円(税別))

講座内容:初めて二重太鼓を習う方から、再確認をしたい人までが対象です。

     帯の種類(全通柄、六通柄、ポイント柄)の解説を踏まえ、

     普段着から礼装用まで幅広くポイントを指導いたします。

開講日程:金曜午前、土曜午後の2クラス

・金曜クラス 10:30〜12:30(定員 各3名)

     第1回  6月  8日(金)   

     第2回  6月15日(金) 

     第3回  6月22日(金)

     第4回  6月29日(金)

 

・土曜クラス 13:30〜15:30(定員 各3名)

     第1回  6月  9日(土)   

     第2回  6月16日(土) 

     第3回  6月23日(土)

     第4回  7月7日(土)

 

7月/浴衣・半巾帯講習 

日  時:7月14日(土)13:30〜15:30(定員 3名)

料  金 :4,500円(税込)

講座内容:浴衣、半巾帯の着付が初めての方も、久しぶりの方も、

     ポイントを確認しながら学んでいただけます。

 

マンツーマン着付教室 詳細はこちらから

講座内容:アイテムにあわせた自分好みの美しい着姿になるコツを

     じっくり自分のペースで学ぶことができます。

     ご希望の日時をいくつかお知らせください。

     講師とスケジュールを確認し、日程を調整させていただきます。

 

ご予約はメール、電話、工房にて、ご希望の日時の空き状況をご確認ください。

電   話:045-410-0410

メール:info@yamamoto-kimono.com

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

第10回「きるものがたり展」を開催します

和裁教室の作品展示会「第10回きるものがたり展」を開催いたします。

※DMご希望の方はどうぞご連絡ください。


「きるものがたり’16 春」の様子です
 

皆様にご好評いただき、今回で10回目となりました。日々このブログでご紹介している生徒さんの作品を実際に見ていただける会となっております。

場所は横浜新都市ビル(そごう横浜店)9階のセンタープラザです。総数30点ほどの作品を展示する予定です。入場は無料ですので、お気軽にお越し下さい。

生徒さんが心を込めて縫われた作品達とそれにまつわる「ものがたり」をひとつひとつのパネルにまとめ、着物の世界の素晴らしさを感じられる奥深い展示になっています。初心者仕立ての中であっても圧巻の展示をお楽しみいただけます。

山本秀司の仕立物も一部展示します。

 

これまでの様子はこちらから  きるものがたり’12 春 1  

 

◆第10回「きるものがたり展’18」 〜自分で縫ったかけがえのない“着物”たち〜

【日時】 2018年4月19日(木)〜24日(火) 10:00〜19:00

                ※21日(土)17時より作品の入替えあります。

                ※24日(火)は17:00までとなります。

【場所】 横浜新都市ビル(そごう横浜店)9階センタープラザ・シビルプラザ

 

DM等ご連絡はやまもと工藝まで
メール:info@yamamoto-kimono.com
電 話:045-410-0410  FAX 045-410-0414

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

藍染めの上っぱりと半巾の帯

作品名  藍染めの上っぱりと半巾の帯
制作者  N.N さん

 

 

 


受講生徒コメント

母が持っていた物で、浴衣に仕立てようと思ったのですが、何故か長さが足りず、

先生から「母用の上っぱり(サイズ小さいです)」と「帯」にしてはどうかとご提案いただき、そうすることにしました。
期せずして母とお揃い(柄だけですが)という事になり、いつもは作りっぱなしで着ていない私ですが、ちゃんと使おうと思います。


やまもとコメント

長着にならずとも、コーディネートして仕立て上げる事で新しい命を吹き込むのが我々の使命ですね。お母様とのお揃い柄!素敵です。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ティーンズ用長襦袢

作品名 ティーンズ用長襦袢
制作者 M.K さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

十三まいり用のピンク(花紋)に合わせるため、振袖用長尺のかわいらしい柄をうまくみつけられました。繰越がない棒衿、袖丸が大きいというところ以外は、大人用の仕立て方と同じになったのではないかと思います。でも袖丈はまだ1尺6寸。次に長襦袢を仕立てる時は、大人用でしょうか?それとも先にお振袖用になるでしょうか?

どんどん背が伸びる(本人は足が伸びてると言ってます)このごろ、それが嬉しくもある一方で、もう子供らしい可愛いらしい柄から卒業してゆくのが寂しくもあります。お振袖セットに向けて、お直しなく縫い上げられるよう、もう1〜2枚練習しようと思います。それまでご指導をよろしくお願い致します。

 

やまもとコメント

子供はどんどん大きくなりますよね〜 そこで取り入れられているのが揚げを施しておく技術です。大人ものにもある内揚げの他に、肩揚げ、腰揚げ、があり幼い可愛らしさがあります。13歳参りが最後で、終わりましたら揚げを取り除きます。

やまもとの長襦袢の腰揚げは、着物と重なった時に同じ位置でダボツキ感がでないように、下の方に施しています。

 

 

生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

夏羽織

作品名 夏羽織
制作者   T.大木 さん

 

 

 


受講生徒コメント

知り合いから頂いた反物で、練習に使ってねと言われましたが、透けているから縫いやすいと思っていたら布地が硬くて針が通らないのにビックリ!大変でした。
でもようやく仕上がって、いつになくとっても嬉しいです。

苦労した分、嬉しさも増しました。先生も苦労でしたよね。有難うございました。

 

やまもとコメント

透けるものは、単衣ですし袷より簡単と思われる節もありますが、そうではありません。。袷にはない仕様の施し方が幾多と増えてきますので、それらを品物が持ち合わせている性質(透け感、意味合い)などを鑑みながら縫い方を決めていきます。

また、袷にはない縫い込みをくけ付けるという皆が苦手!(笑)にしている技術がかなりあります。透けるだけに余計に縫い込みの始末が大変なのです。

 

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

単衣から袷お召長着

作品名  単衣から袷お召長着
制作者  K.F さん

 

 

 


受講生徒コメント

工房にきた中から、自分の寸法に仕立て直せるものをさがし、袖丈が長めだったこの着物に出会いました。単衣だったものを袷にしました。

久しぶりの袷で忘れていたことも多く、その都度教えていただきながら完成させることが出来ました。嬉しい!よかったです。

 

やまもとコメント

季節に応じて、仕様を変える仕立て直しを施せます。

同じ布が季節を行ったり来たり〜 素晴らしい和裁の技術です。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

吉岡政江展終了致しました。

2月20日からやまもと工藝サロンスペースで展示されていた『吉岡政江展』は3月20日をもって終了させていただきました。

皆様お忙しい中、また遠方からご足労いただき、誠にありがとうございました。

期間中、都合が合わなかったが作品を見てみたいという方はお気軽にご連絡くださいませ。

吉岡さんから生ませる素敵な作品のいちファンとして、今後も応援させていただきたいと思っております。

 

展示の様子

 

やまもと工藝といたしましては、4月19日より生徒さんの作品展『きるものがたり展』を開催予定です。

詳細は後日お知らせ致します。

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

単衣の道中着(羽織からのリフォーム)

作品名  単衣の道中着
制作者  M.M さん

 

 

 


受講生徒コメント

先に完成したブルーグレーの道中着と同じように、羽織からのリフォームです。この羽織は伯母から譲り受けたもので、結構な長さの残布がありましたので、上前衽はこの新しい布地から裁ち出していただき、衽部分のみ袷となりました。
また肩すべりをつけましたので、縫代の始末は前作品より簡単になりましたが、衿の中に入る生地の厚みの違いが大きくなったため、衿先辺りにも薄い芯地を入れて、厚みを整えてあります。
今回もループとボタンのうちあわせにして、みょうが結びをアレンジしたループをつけました。秋一番の着用が楽しみです。

 

やまもとコメント

Mさんは、学校系で教えていらした経験もある方です。飲み込みも早いし、何よりも意欲も高いのです。楽しまれてますね。Mさん作品の連続の紹介ですが、じつは同時進行だったのです。

1枚を進めながら更にもう一枚を仕上げていくのは合理的で効率よく覚えられると思われるでしょうが、これを実際に進めていくのは言うは易し行うは難しで、二枚以上の努力が必要です。大抵の方は断念していますね。

まだまだやりたい課題も幾つもあるそうで!私どもの技術を受け取ってもらえたらと思います。

 

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -