映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

11月のお教室

2020年11月の和裁教室のお休み日時と、着付教室の日程をお知らせします。

 

お教室のお休み 

11月   2日(月)〜   3日(火)終日

11月   5日(木)終日

11月   8日(日)〜 10日(火)終日

11月 15日(日)〜 17日(火)終日

11月 22日(日)〜 25日(水)終日

11月 27日(金)終日

11月 29日(日)〜 30日(月)終日

 

着付グループレッスン(1回2時間)

次回の日時が決まりましたら、お知らせいたします。

 

マンツーマン着付教室 詳細はこちらから

講座内容:アイテムにあわせた自分好みの美しい着姿になるコツを

     じっくり自分のペースで学ぶことができます。

     ご希望の日時をいくつかお知らせください。

     講師とスケジュールを確認し、日程を調整させていただきます。

 

ご予約はメール、電話、工房にて、ご希望の日時の空き状況をご確認ください。

電   話:045-410-0410

メール:info@yamamoto-kimono.com

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | - | - | -

星空柄小紋

作品名 星空柄小紋
制作者 M.M さん

 

 

 

 

 

受講生徒コメント

しみやヤケがたくさん目立っていた伯母からもらった色無地でしたが、地の浅葱色が気に入っていたので何とか着られるものにしたいと思っていました。元の色を星の様に残して濃い青緑に染めたら、本当に宇宙のようになり、満足しました。
ところが仕立てに入ってみると、印や縫い目が見えないという大問題が発生。いろいろな方向から生地の表面をながめて印を探したり、指先で触って縫い糸を確認したりと本当に目が疲れました。でも長〜いこと眠っていた懸案の着物が生まれ変わってたいへんうれしいです。帯合わせもいろいろ楽しめそうで10月が待ち遠しいです。


やまもとコメント

絹の光沢が美しい生地でしたので、深い色に染めても沈むことなく、本当に星が瞬いて見えるようですね。Mさんの思い描いていたイメージが見事に表現されていますね。やまもと工藝では絹の糸も綿の糸も、プロが使用しているものと同じ品質の糸を生徒さんにも使用していただいています。常時150色以上の糸が用意されているのですが、それでも色が合わないことがあるのです。大変苦労されたようですが、生地にぴったりの色糸があってよかったです!

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | - | - | -

緑色羽織

作品名 緑色羽織
制作者 前田幸四郎 さん

 

 

 

 

受講生徒コメント

メルカリで購入しました。これから涼しくなる季節に向けて洋服の上にジャケット代わりに羽織れる様な羽織が欲しいと思い、お教室で縫いました。 
縫ってみると縫いが硬くて驚きました。針を何本も折ってしまいました。

今回の羽織の点数は50点。縫う前のコテ当てなど手順を覚え、次回はもう少し自己採点の点数を上げていきたいです。


やまもとコメント

「あれ、ここはこうでしたっけ?」と以前縫った手順を思い出しながらお教室の時間を過ごしてくださっている前田さん。伝えたことが少しずつ身についていただけてるのかな、と嬉しく思います。羽織のポイントは襟の準備にあります。きっと前田さんはお気づきなのでしょうね。50点とは!ご自身の手で縫っていただいてますので、満点でも良い位の出来上がりになっていますよ!

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | - | - | -

洗える用正絹長襦袢

作品名 洗える用正絹長襦袢 
制作者 Y.Sさん

 

写真がないためコメントのみ掲載させていただきます。

 

受講生徒コメント

他の生徒さんが作っているのを見て、いつか縫いたいと思っていました。旅行や遊びに行く時に、着物を着た時に暑くて結構汗ばんでしまうことが続き、正絹で洗える長襦袢がほしいと思っていたので、反物の時点で洗って縮ませておけば大丈夫なのだと知って「ヨシ!」と。縫いあがった今は洗った後にきちんとととのえられるか心配ですが、もっと着物を着る機会を増やしたいです。
 

やまもとコメント

肌に近いものですから袖口や裾が汚れやすく、お手入れに悩んでしまうことの多い長襦袢。Sさんは普段着に着ていただく事が多いので、重宝していただけるかと思います。たくさん着てあげた長襦袢を洗える用に仕立て変えてあげるのもオススメですよ。襟先やたて襟先は洗える仕様に一手間加えてあります。着用して、お手入れした後のご感想も是非お知らせ下さいませ。

生徒の作品集  襦袢 | permalink | comments(0) | - | - | -

母の大振袖の仕立て直し

作品名 振袖
制作者 S.S さん

 

受講生徒コメント

母が結婚でしか着ていない、70年以上も前の大振袖。私の時代には着る事は考えもせずにスルーしてしまいましたが、孫の「これ着たいなー」の一言で、初めての振袖に挑戦することになりました。古い生地なので弱っている部分や反物幅も狭く、柄合わせしながらの寸法で何色もの色糸を取りかえながら大変でしたが頑張りました。完成した時は本当に嬉しかったです。孫は小学六年生でジャストサイズに仕上がり、卒業式に着たいなーと喜び、母も喜んでくれました。先生、ありがとうございました。


やまもとコメント

大作が出来上がりましたね!!

お孫さんの一言で挑戦しようと思った心意気も素晴らしいと思います。長くお教室に通っていただいたことが自信につながり、挑戦しようという気持ちを持っていただけたのだと思います。お母様の喜びひとしおでしょうね!!卒業式だけでなく、ひなまつりやお正月などにも袖を通していただけると良いですね! 

生徒の作品集  振袖、留袖 | permalink | comments(0) | - | - | -

初めての単衣

作品名 単衣
制作者 Y.Wさん

 

受講生徒コメント

地紋にカラフルな糸の入った白生地が面白いなと思い、気に入った色に染めていただきました。暑さの増す季節を涼しげに着こなせればと思い、ブルーにしました。  初めての単衣でしたが、袷と違って縫い目の粗さがよく目立つような気がして、縫い直すことも多かった気がします。どんな小物を合わせようか、単衣の季節が待ち遠しいです。
やまもとコメント

白生地ですが、カラフルな縞が特徴的な反物でしたね。このカラフルな縞が染めた時にどう見えてくるか、私共も未知数でしたので、4色試し染めをしました。それぞれに違ったカラフルな縞の趣がありましたね。オレンジ、赤、黄、ブルーと様々な色が入っていますので、帯や    帯〆、帯揚によって、引き立つ色合いが変わってくると思いますので、コーディネートが楽しみですね!!

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | - | - | -

孫娘の祝い着

作品名 祝い着
制作者 F.Tさん

 

受講生徒コメント

今年七歳になる孫娘の祝い着用に、昨秋の工房展で購入しました。先生のご助言で選んだ八掛の色も鮮やかで気に入っています。

仕立て直せば大人になってからも着ることができると伺い、七五三での孫や大学生になった孫などを想像しながら楽しく縫わせていただきました。十数年後に縫い直す時もこの手でできるよう願っています。

やまもとコメント

表地となじむような色を選ぶことの多い八掛ですが、 補色になる色を合わせたことで、表と裏がお互いに引き立てあい、祝い着らしい華やかな着物になりましたね。着物ならではの色のとり合わせですね。揚げをたくさん取ってありますので、揚げから丈を出したり、袖と身頃を切り替えることで、身長に合わせることができます。

お孫さんの成長を感じながらのお直し。和裁の素晴らしさも感じていただけることと思います

生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | - | - | -

10月のお教室

2020年10月の和裁教室のお休み日時と、着付教室の日程をお知らせします。

 

お教室のお休み 

10月   5日(月)〜   6日(火)終日

10月 11日(日)〜 13日(火)終日

10月 18日(日)〜 27日(火)終日

10月 29日(木)〜 31日(土)終日

 

着付グループレッスン(1回2時間)

次回の日時が決まりましたら、お知らせいたします。

 

マンツーマン着付教室 詳細はこちらから

講座内容:アイテムにあわせた自分好みの美しい着姿になるコツを

     じっくり自分のペースで学ぶことができます。

     ご希望の日時をいくつかお知らせください。

     講師とスケジュールを確認し、日程を調整させていただきます。

 

ご予約はメール、電話、工房にて、ご希望の日時の空き状況をご確認ください。

電   話:045-410-0410

メール:info@yamamoto-kimono.com

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | - | - | -

半期に一度の工房展示会

毎回ご好評をいただいている、半期に一度、工房の布たちをお得な価格でご紹介できる展示会、今期も開催が決定しました。

この機会に、ずっと気になっていた布やご希望のイメージの布をぜひお手にとってご覧いただけたらと思います。

 

今回は DM でのお知らせは行なっていないため、ブログやSNSをご覧の皆様のみのご紹介です。

 

期間中は…

・丸洗いのお持ち込みが 50%off の3500円

10〜30% off でいつもの展示会よりもお得な価格でご覧いただけます(一部除外品もあります)

・久米島紬の正規品も30% off となります

 



着物や帯、それらが皆さんの心を潤してくれたら…との思いを込めたものでしたが、
展示会の会場そのものも心地よく感じていただけたら
こんなに嬉しいことはありません。


 

気になる布を手に取って、じっくりとご覧いただける機会です。
スタッフにもどうぞアレコレとご相談ください。
美しい色の重なり、じっくり見つめると表情が変わる驚き、
そんな心よきものたちを是非、見つけに来てください。

 

今回は皆さまにゆっくりとご覧いただくため、期間を長く準備しております。

密になることを避けるため、ご予約いただけると幸いです。

 

◆半期に一度の工房展示会

会 期:6月10日(水)〜 8月29日(土)

時 間:10時〜17時 

場 所:やまもと工藝

電   話:045-410-0410

メール:info@yamamoto-kimono.com

ご予約はメール、電話、工房にて、ご希望の日時の空き状況をご確認ください。

 

 

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | - | - | -

初めての袷長着

作品名 袷 小紋
制作者 S.H さん

受講生徒コメント

教室にてひとめぼれして購入した染め小紋の反物から、初めて袷を縫いました。落ち着いた地色ながら、細い縞は色とりどりで縫っていても楽しい柄です。縞は時に縫う時のものさしにもなりましたが、注意を怠り、縫い目が曲がると目立つので、そこが苦労しました。また手にすると柔らかでも、目がしっかりと詰まっているので、針が思い通りに進まず、木綿の時とは違った感触に驚きました。どんな帯を合わせようか、どこに着て出掛けようか、楽しみな一枚となりました。
やまもとコメント

木綿や紬は合わせて縫った時でも、布同士がくっつくような感じがありますが、柔らかい布はスルっとすべる感じがあったかもしれません。山本流の運針をマスターすれば、まっすぐばっちり縫えるようになりますよ!いつもお着物で通っていただいているHさん。いつもHさんならではのコーディネートを楽しく拝見させていただいております。この袷はどんなコーディネートでお召しいただけるのか、いまからワクワクしております。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | - | - | -