映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風 /手仕事にいざなう2日間 開催
6月25日火/26日水 10:00〜19:00 日本橋コレド室町3 三階橋楽亭
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

浴衣・半巾帯講座のご案内

毎年ご好評いただいている浴衣、半巾帯の2時間講座を開催します。

 

 

浴衣や半巾帯の着付が初めての方も、久しぶりの方も、ポイントを確認しながら学んでいただけます。

実際に手を動かしながら、涼しげに着られるポイントや、意外とコツが必要な半巾帯の結び方も数種類学べるので、どうぞお気軽にご参加ください。


日 時: 2019年 7月6日(土) 14:00 〜 16:00

費 用: 4,500円(税込)     

定 員: 5名 

持ち物: 半幅帯、浴衣

お申込方法:お電話、メールまたは工房にて直接お申込み下さい。

        電 話:045-410-0410
        メール:info@yamamoto-kimono.com

お申込締切: 2019年6月30日(日)

        

昨年の様子はこちらから 

 

 

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

6月2日花火観覧パーティーのご案内


 







2019年6月2日の日曜日に横浜にて開港記念祭が行われます。
「横浜みなとみらい」のサンセットの中でグラスを傾け、皆で楽しみながらディナーをいただきませんか。
山本もお気に入りのたいへん美味しいお店です。
横浜開港祭のラストを飾る大輪の花火を眼前にて堪能できます。

着物でなくても構いませんので、どうぞご家族様、ご友人の皆様お誘いあわせの上、お申し込みください。


日  時: 2019年6月2日(日)18:30 スタート

会  場: マンジャーレ ウォーターエッジ(横浜アートグレイス内)
     JR横浜駅 北東口Aより徒歩10分

     横浜ベイクォーター3F  連絡通路を抜けた右前方 地図
      神奈川県横浜市神奈川区大野町1-4 TEL:0454406881  
     
料  金:10,000円 コース料理・フリードリンク
お申込み:  お電話、メールまたは工房にて直接お申込み下さい。

                 info@yamamoto-kimono.com 
       電話 045−410-0410  
       (お申込み締切 5月29日(水))

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

6月のお教室

2019年6月の和裁教室のお休み日時と、着付教室の日程をお知らせします。

4月より午後のお教室の時間がかわりました。

14:00〜16:30 → 13:30〜16:00

16:30〜19:00 → 16:00〜18:30

 

■お教室のお休み  

夜の教室(18:30〜21:00)はしばらくお休みさせていただきます。

6月  3日(月)終日

6月  9日(日)、10日(月)終日 

6月14日(金)〜17日(月)終日

6月24日(月)〜27日(木)終日

6月29日(土)、30日(日)終日

 

着付グループレッスン (1回2時間)

6月/袋帯(二重太鼓)の結び方講座 全4回  

料  金 :15,000円(税別)(着物レンタル 5,000円(税別))

講座内容:初めて二重太鼓を習う方から、再確認をしたい人までが対象です。

     帯の種類(全通柄、六通柄、ポイント柄)の解説を踏まえ、

     普段着から礼装用まで幅広くポイントを指導いたします。

開講日程:水曜午前、土曜午後の2クラス

・水曜クラス 14:30〜16:30(定員 各3名)受付終了致しました

     第1回  6月12日(水)   

     第2回  6月19日(水) 

     第3回  6月26日(水)

     第4回  7月  3日(水)

 

・土曜クラス 14:00〜16:00(定員 各3名)受付終了致しました

     第1回  6月  8日(土)   

     第2回  6月15日(土) 

     第3回  6月22日(土)

     第4回  6月29日(土)

 

910 /初心者向け「長襦袢から30分で着る」講座 全8回  

料      金:24,000円(税別) (着物レンタル 5,000円(税別))

講座内容:きもの未経験者や、長い間着ていなくて心配!覚えてるかを

     再確認をしたい人を対象とした一重太鼓(名古屋帯)の集中講座です。

開講日程:土曜午後(平日をご希望の方は、お問合せください)

・土曜クラス 14:00〜16:00(定員 各3名)

     第1回    9月  7日(土)  肌着のつけ方、小物の準備 

     第2回    9月14日(土)  カンタン補整、長襦袢

     第3回    9月21日(土)  長着を着る、紐の扱い方

     第4回    9月28日(土)  座学(帯の種類、着物の種類)

     第5回  10月  5日(土)  名古屋帯、着物・帯の合わせ方

     第6回  10月12日(土)  折り上げ(ピンチを使う)

     第7回  10月19日(土)  総まとめ

     第8回  10月26日(土)  長襦袢から30分で着るトライアル

 

11月/袋帯(二重太鼓)の結び方講座 全4回  

料  金 :15,000円(税別)(着物レンタル 5,000円(税別))

講座内容:初めて二重太鼓を習う方から、再確認をしたい人までが対象です。

     帯の種類(全通柄、六通柄、ポイント柄)の解説を踏まえ、

     普段着から礼装用まで幅広くポイントを指導いたします。

開講日程:土曜午後(平日をご希望の方は、お問合せください)

・土曜クラス 14:00〜16:00(定員 各3名)

     第1回  11月  9日(土)   

     第2回  11月16日(土) 

     第3回  11月30日(土)

     第4回  12月  7日(土)

 

マンツーマン着付教室 詳細はこちらから

講座内容:アイテムにあわせた自分好みの美しい着姿になるコツを

     じっくり自分のペースで学ぶことができます。

     ご希望の日時をいくつかお知らせください。

     講師とスケジュールを確認し、日程を調整させていただきます。

 

ご予約はメール、電話、工房にて、ご希望の日時の空き状況をご確認ください。

電   話:045-410-0410

メール:info@yamamoto-kimono.com

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

たて縞の小千谷縮

作品名 たて縞の小千谷縮
制作者 M.M さん

 

 

 


受講生徒コメント

縞模様だったら柄合わせはいらないだろうと思っていたのは、私の認識不足でした。いざ裁断しようとすると、水平方向の柄合わせはないのですが、たて縞をどう配置するかを考えなければならなかったのです。大体、自分の思ったように縫い上がりましたが、本当に「裁ち」はむずかしいと実感した作品でした。
この夏着物では、居敷当ての付け方を知ることができました。また、洗える着物ということで小千谷縮を選びましたが、これに付けた工房のうら衿の生地がすばらしいです。勿論洗えます。見た目も風合も、よく見る麻のうら衿とは段違いに良いです。先生が御自身の目と足で探して仕入れていらした素材だそうです。反物に限らず、副資材についても他では手に入らない良質な品を使えるところが、山本きもの工房ならではです。勿論、技術指導もですよ。


やまもとコメント
お教室でもプロと同様の用具・素材を使用しています。洗える用には綿麻の生地を使用しています。水通ししても伸縮性がほとんどないので、居敷当に使用することもある品物です。お持ちいただいた小千谷縮との一体感も感じられたかと思います。たくさんお褒めいただき恐縮です。今後も身を引き締め、皆様と一緒に縫っているつもりでひとつひとつのお品物を作り上げていきたいと思います。今後もよろしくお願いいたします。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

小松ちりめん

作品名 小松ちりめん
制作者 Pip さん

 

 

 


受講生徒コメント

縫いやすいようでいて、そうでもない・・・ずっと不思議な感じでした。以前に同じことをしているはずなのに、覚えていないことに驚いてしまいます。夏休みをはさんでのゆっくりペースでの仕上げとなりました。合わせる単衣や帯の完成を待って、着用する日を楽しみにしています。
この個性ある(手持ちの中では変わり種です)襦袢に合わせて、次なる一枚を手にしたいと思う日々です。


やまもとコメント

紗織で織られた長襦袢です。
「真夏ではなく、単衣の時期に着たらよいかと思って!!」とお手持ちの少し透けて見える単衣に合わせるイメージをバッチリと持ちながら縫われていましたね。
どんな風に着ようかと楽しみにされている姿を見ていると、こちらも出来上がりが楽しみになります!!

生徒の作品集  襦袢 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

三越カルチャーサロン 名古屋帯作り講座

2019年5月12日(日)三越カルチャーサロンにて名古屋帯作り講座が行われました。

全5回の1回目です。今までの講座に参加していただいた方のお顔も拝見する事が出来、嬉しい限りです。

 

帛紗や数寄屋袋の講座と同様に運針からスタート!以前の講座に参加された方も「こうだったかしら。」と針を押す感覚を思い出しながら指を慣らしていきます。「むずかしいですね!」と今回初参加の方。毎回講座の始めには運針を行いますので、少しずつ慣れていきましょうね。

帯芯は見た目は同じように見えますが、実は2種類の帯芯を用意させていただきました。帯地の柔らかさに合わせて芯の固さを選びます。

帯芯は見た目は同じように見えますが、実は2種類の帯芯を用意させていただきました。帯地の柔らかさに合わせて芯の固さを選びます。雑談も交えながら、お太鼓のしつけをしてお時間です。

全5回。出来るだけ皆様の手で仕立て上げられるように内容盛りだくさんですので、素敵な帯が出来るように一緒に頑張っていきましょう!

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

横浜STビルの生徒作品 入れ替わりました。

横浜STビルのエントランスにて、毎月4・5点生徒作品を展示しております。9日より5月の展示に入れ替わりました。

 

ハギ入り雨コート、祝着一式、白生地から選んで染めた色無地がコメントと一緒にご覧いただけます。


 

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

子ども浴衣

作品名 子ども浴衣
制作者 肥後 三津枝 さん

 

 

 


受講生徒コメント

以前にも子供の浴衣を仕立てたので、今回は2回目です。時期だったので、可愛い柄の反物がたくさんあり、前回白地だったので、今回は黄色地を選び(向日葵分)、もう一枚(茜音分)は白地を選びました。
2枚一緒に仕立てれば覚えるかなと思いましたが、寸法が6才用と7才用だったので、寸法表を見間違いをしてしまいました。
糸印がついているにもかかわらず、間違い、集中力・注意力の無さを反省しています。でもとてもかわいく仕立てられて良かったです。一枚ずつ細かな部分を注意しながら仕立てていくのが良かったかなと反省しています。


やまもとコメント

2枚同時進行で進めましたので、衿や裾等、各箇所の手順は理解いただけたかな!と思います。子供用は大人に比べて丸みも大きく、肩揚げ、腰揚げがつくと子供らしくなり、可愛らしいですよね!!成長を感じながら1年ごとに肩、腰揚げをかえて、夏の思い出を作っていっていただきたいです。

生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

遠州木綿縞

作品名 遠州木綿縞
制作者 K.前田 さん

 

 

 

 

 


受講生徒コメント

和裁用語を知らないので覚えなければいけませんでした。襟の部分は難しいので覚えるまで時間がかかりそうです。今回の作品は50点かな。今後は単衣の着物を3、4着作ってから袷を作りたいです。


やまもとコメント

前田さんがお教室に入られて初めての作品ですね。お仕事でも着物をお召しになるので、ご自宅でお手入れ出来る遠州木綿を工房で用意してあった中から選んでいただきました。襟を縫っている時に「わからないな」「難しいな」とつぶやきながらも手を動かしてらっしゃいましたね。

覚えようとすると大変ですので、言葉や道具の扱い方等繰り返しの中で少しずつ慣れていっていただければと思います。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

波柄小紋

作品名 波柄小紋
制作者 A.北島 さん

 

 

 


受講生徒コメント

母の遺品の中から出てきたちりめんの白生地を初めて染めからお願いしました。シックな仕上がりで、袷を縫うことになりました。諸般の事情により、途中でお休みすることになり、今年の後半からおけいこを再開し、数年掛けて完成となりました。
やわらか物は初めてでしたので、最終に向かうにつれて製作しているものと、自分の技術とのギャップが目に付きました。例えば、表に出た針目や何となくよじれている様に感じる出来上がり・・・直したいところがいっぱいです。
お休みせずに手を動かし続けることが大切なのだと改めて思うこの頃です。


やまもとコメント

またお教室に足を運んでいただき、ありがとうございます。小紋は工房にある品物の色違いになるよう染めていただきました。再開して何回かの教室では基本を思い出していただけるように運針を中心にはじめていきました。また少しづつ手を慣らしていただき、理想の針目を目指していきましょう!!

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -