映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

初めて縫った浴衣

作品名 初めて縫った浴衣
制作者   佐々木安津紀 さん

 

 

 


受講生徒コメント

初めて着物を縫って、すべて手縫いで作ることはとても大変だということがよく分かりました。
一枚の布が浴衣になるというのがとても面白くて、作っている間は完成するのがとても楽しみでした。
一着縫い終えてみると「自分で作った」というのがとても嬉しいです。夏になったら着てみようと思っています。


やまもとコメント

素直な佐々木さんの人柄はとても素晴らしいと思います。教えていてもこちらが癒されるようです。これからもその達成感、高揚感、満足感を忘れることなく、続けていってください。
今後は着ることもね。

生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ぜんまい紬

作品名 ぜんまい紬
制作者 富谷 さと子 さん

 

 

 


受講生徒コメント

お教室に飾ってあるのを見て、素敵だなあとずっと思っていた反物、「心よきもの展」にて思い切って購入してしまいました!そしてそんな素敵な反物、あろうことか自分で縫ってみようなどと思ってしまったのです。
でもそこはさすが山本きもの工房です。そんな無理を、なんとなんとこんな私でも仕上げるまで御指導してくださいました。まだまだ初の袷でどこをどう縫い、今何をしているの?状態でしたが、とにもかくにも完成!!とても嬉しいです!これからもご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします。

 


やまもとコメント

いつも水曜日夜の部に通われています。お仕事が終わってお疲れもあろうに、足繁く通って来てくださる姿に、私共もしっかりと導かなければいけないと、気を引き締めていたんですよ。講習中は冗談ばかり言って皆で笑ってますけど―。いまは忙しく少しお休み中ですが、年会費だけで再スタートできます。遅くなっても今まで通り大丈夫ですので、こちらの方こそお待ちしています。よろしくお願いします。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ピンクの小紋

作品名 ピンクの小紋
制作者 音tennis さん

 

 

 


受講生徒コメント

娘の着物を縫いましたが、自分自身は自分で着られなかったので着付を習いました。体型が変わった為、昔のは着られず、そんな時に出会ったのがこの反物でした。
このピンク色がとても気に入って、縫っている間からちょっとワクワクしました。まだ着て行く先がみつかっていませんが、きれいに着物を着れるようになる為にも、所作を身につける為にも、機会を見つけたいと思います。


やまもとコメント

はい!お手伝いしましょう。一緒に出かけたいですね。
きものの事をトータルにまかなえる「工房」は全国でも山本が初めてと織研新聞社に評価していただいた事があります。仕立てを中心とした誂え、和裁教室、着付教室、着後のシミ抜きケア、再生技法等です。今まで別々のパーツだったものが、高いレベルで集約されています。出来る限り皆様のお役に立てたらと願っています。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

グリーンの袷

作品名 グリーンの袷
制作者 Y.T さん

 

 

 

 

 


受講生徒コメント

何も知らないので、反物を選ぶとことすら難しくて、先生に見せていただきながら、布の色合いや色がピンときたものを選んでつくることにしました。
先生に丁寧に教えていただき、おかげ様で、未熟すぎる私の技術にもかかわらず、自分では立派に仕上がったと自画自賛してます。本当にありがとうございました。


やまもとコメント

焦らずとも、お教室で色々な布に触れたり、仲間がきものを作っていく過程を一緒に見て行くうちに、なんとなく分かるようになるものです。
和裁教室でスタッフと過ごすということは、自分では一枚しか進めていなくとも、複数分の着物の知識が自然に身に付く訳です。自賛とは私共も嬉しい!これからも頑張ってね!

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

染替えの紫無地

作品名 紫の色無地
制作者   N.T さん

 

 


受講生徒コメント

着物をほどいて染め直した反物を何度か教室で目にしています。
それはとてもすてきな色に染め上がっていました。「私も!」と思い、今では派手すぎて着ることのないオレンジ色の無地の着物を染め直しました。染め上がってきた時は不祝儀用?かなとも思いましたが、出来上がって羽織ってみると、ちょっと色っぽいかも。
お気に入りの一枚ができました。


やまもとコメント

私共も幾つも扱わせていただいて「さすがにこれは無理かも」と思う物もありました。しかし着物がよみがえるとはまさにこの事だ、と思わざるを得ない現場に何度も立ち会うことができ、お客様や生徒さんの喜ぶ笑顔に支えられて今があります。こういう言葉をいただけて、次もがんばろうと私もエネルギーをいただいています。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

初めての羽織

作品名 初めての羽織
制作者   Y.盒 さん

 

 

 


受講生徒コメント

小さい頃からの憧れだった羽織姿。
教室で見せてもらった羽尺ならではの地模様の入った生地を選びました。
少し硬くて針が進みにくいところもありましたが、とてもおしゃれな羽織ができました。紬の着物にも似合いそうで嬉しくなってしまいます。


やまもとコメント

今、実はこの手の生地は生産されていません。現代のモノとはレベルが違うのです。ちょっとびっくりされそうですが、貴重な生地だったのです。この手の生地は山本にて揃えられるようにしています。皆がもっていない「非常」でいいもの。生地が硬いのはゴメンなさいですけど、苦労の甲斐があったでしょ!

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

10月のお教室

平成29年10月の和裁教室のお休み日時と、着付教室の日程をお知らせします。

 

■お教室のお休み  

*10月は夜の教室(18:30〜21:00)が水曜日→木曜日に変更となります

10月  1日(日)、2日(月)終日

10月  8日(日)、9日(月・祝)終日

10月15日(日)終日

10月20日(金)終日

10月24日(火)、25日(水)終日

10月29日(日)、30日(月)終日

 

着付グループレッスン (1回2時間)

 

11月/袋帯(二重太鼓)の結び方講座 全4回  

料  金 :8,000円(税別)(着物レンタル 5,000円(税別))

講座内容:初めて二重太鼓を習う方から、再確認をしたい人までが対象です。

     帯の種類(全通柄、六通柄、ポイント柄)の解説を踏まえ、

     普段着から礼装用まで幅広くポイントを指導いたします。

開講日程:火曜午前、土曜午後の2クラス

・火曜クラス 10:30〜12:30(定員 各3名)

     第1回  11月  7日(火)   

     第2回  11月14日(火) 

     第3回  11月21日(火)

     第4回  11月28日(火)

 

・土曜クラス 13:30〜15:30(定員 各3名)

     第1回  11月  4日(土)   

     第2回  11月11日(土) 

     第3回  11月18日(土)

     第4回  11月25日(土)

 

マンツーマン着付教室 詳細はこちらから

講座内容:アイテムにあわせた自分好みの美しい着姿になるコツを

     じっくり自分のペースで学ぶことができます。

     ご希望の日時をいくつかお知らせください。

     講師とスケジュールを確認し、日程を調整させていただきます。

 

ご予約はメール、電話、工房にて、ご希望の日時の空き状況をご確認ください。

電   話:045-410-0410

メール:info@yamamoto-kimono.com

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ソファーカバーが着物に

作品名 ソファーカバーが着物に
制作者   冨田 御幸 さん

 

 

 


受講生徒コメント

ある時、ある呉服店で出会ってしまったのです。
「なんて素敵な布地!!!!!」
「色合いも、織り柄も、そして全体から醸し出される落ち着きのある明るさも、大好きだ」
「反物ではないから、着物地ではない。それはわかる」
お店の人も「これは着物にはできませんよ」
「でもこの布地と別れることなんてできない……」
「そうだ、ソファーカバーにしよう。クッションカバーもいい」
そして出来上がったのが、この着物です。葛藤の末、着物にしてしまいました。
今年のお正月のお出かけには3回も着て、大満足です。
(ちょっと主張が強いかな…、ハデ過ぎるかな…、と思いつつ)


やまもとコメント

川島の織ですね。どうしても気に入ったこの布できものを作りたい!そう思うのは当然です。山本にお持ちいただいて正解です。専門店で出来ないと言うのは、現在の和裁技術に布をはめこもうとするからですね。逆に布に技術をはめこんで、きものになるよう丁寧な知識をそそいであげればいいわけだけど、苦労は惜しむ”な”の”な”が抜けちゃうんですね。冨田さんさすが、着こなしていました。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

本塩沢

作品名 本塩沢
制作者   M.T さん

 

 

 


受講生徒コメント

初めて着物を縫いました。先生に縫いやすいものを選んでいただき、その中から好きなものを選びました。基本のぐし縫い、三つ折りぐけ、本ぐけなど、まだまだ思うようにいきませんが、先生の丁寧なご指導のおかげで、初めての着物が縫い上がりました。単衣の季節がくるのを楽しみにしています。出来映えはさておき、出来上がったことに80点をつけたいです。今は紬の袷に挑戦しています。


やまもとコメント

丁寧という言葉をいただけるのは、私達にとってこの上ない褒め言葉になります。それはこの工房のモットーにしている「目の前の一人に最高の丁寧で接する」が実践できたのかな!と感じられるからです。

一枚の着物(仕事)にもそうです。「決して大きな目標だけを見るな捕われるな、目の前の一人に全力の丁寧で接しなさい」と教えています。すべて一人から始まります。それだけで自然と社会へ、世界へ繋がっていくのですね。大成は自ずと出来上がってきます。いまの私があるのも、この御陰だと思っていますし、壮大な目標や計画は、だらしのない私には難しかったのですね。不器用な方にお勧めの思考です。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

仕立て直した大島紬

作品名 仕立て直した大島紬
制作者   M.K さん

 

 

 


受講生徒コメント

嫁入り道具として母が持たせてくれたもので、着付けを始めた30代前半によく着たものでした。
月日が流れると、愛着あるものでも八掛の赤が少々目立つのが気になり、箪笥の肥やしとなっていました。
今回、洗い張りを工房に発注し、八掛を表地の色に合わせた色味に替え、合わせて衿型もバチ衿から広衿に変えて仕立て上がりました。
これなら表地の赤い花も気にならない・・・かな?


やまもとコメント

着物はこういう仕立て変えが出来るのが優れ所です。解いて再生が出来ることが和裁の絶対条件になっています。また赤い花の色も将来的に気になるようでしたら、色を落ち着かせることも出来ます。このような再生する技術が各項目に於いての職人に確立されているのです。

日本の文化としてもっと知られて欲しいですし、和裁技術も下支えしている、着物の世界を最大限に活用していただきたいです。お母様もきっと喜ばれていることと思います。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -