映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

中学生が職業体験に来ました!

軽井沢中学校2年生が11月28日、29日の二日間、朝から夕方までの職業体験でした。

玄関掃除や作業台の整理を丁寧に行ってくれました!針の持ち方や運針をじっくりと集中。二日間でコースターをご家族分作ることができ、「こんなにコースターが作れると思わなかった」と言ってくれましたが、それはしっかりと集中して運針を練習した時間があったからです!

二日目には浴衣も自分で着る着付け体験。作り帯では無く半幅帯を結びました。「ちょっと難しい」と言っていましたが、可愛く結ぶことができました。

中学生の感想です。

・着付けの帯が難しかったけれど、最後、きちんときれいに浴衣が着れた時、うれしかったです。

・普段の生活や学校の授業では学べないことを、教えてもらえてよかったなと思いました。職業体験で学校の外の社会のことを少しだけ知ることができたと思うので、よかったし、この経験をいかしていけたらいいなと思いました。

 

数多くの体験の中から和裁を選んでくれたことに感謝します。畳のあるご家庭が少なくなった今、和について、和服について触れ合う機会が少なくなってきているように見られますが、職業体験等で和に触れる体験のお手伝いをこれからも行っていきたいと思います。

 

工房徒然 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

深緑に桜柄小紋

作品名 深緑に桜柄小紋
制作者 K.Hさん

受講生徒コメント

自分のコートにと20年近く前に購入していた反物でしたが、年月は思いの外早く経ち、長女の袷にすることにしました。購入時は自分の手で縫えるとは思ってもみませんでした。
取りかかったのは1年前の3月27日、夏の暑さについつい休みを1ヶ月、2ヶ月・・・と続けてご心配をおかけしました。
でもお教室に通い針を持つのは心安らぎ、落ち着く至福の時間。「きるものがたり」に出せる作品はこの1年でこの1枚のみ、ラストスパート!
いつも直美先生をハラハラさせてしまい、申し訳ございません。これからもよろしくお願いいたします。


やまもとコメント

山本の時間の流れをこの様に表現していただき、感無量です。生徒さんには1年の節目としてこの「きるものがたり展」に出品していただけることが、何よりも私達にとって目標であり、喜びでもあります。15年前から始まり、今回で11回目、皆様ありがとうございます。今後もやまもととして皆様のために何ができるのか、模索していきますね。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

母の紬 仕立て直し

作品名 母の紬 仕立て直し
制作者 S.Sさん

受講生徒コメント

母が着ていた紬の着物でした。薄黄緑色と麻の葉柄が気に入っているので、自分サイズに仕立て直しました。
春先の季節に着たい一枚になりました。
このところ母の着物の仕立て直しが続いていますが、一枚づつ新しい形になる喜びを感じています。
先生ありがとうございました。


やまもとコメント

寸法を変えられる!着物(長着)だったものを、コートや羽織にも作り替えられる、色を染め足したり、変えたりできる。
これを実現させるためにも、土台になっているのが和裁の技術で何年やっても感心するばかり。これを習得するには5年もの年月が必要であり、やっと一人前かな?これも新たなスタート。それなのに日本から無くなろうとしています。女性の内職業ではなく、日当計算出来る職人技として応援いただきたいと願います。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

お祝い着

作品名 七歳 七五三の着物と長襦袢 
制作者 Y.渡辺さん

受講生徒コメント

<七五三の着物>

七歳の七五三のために、娘と一緒に工房へお邪魔して本人が選んだ反物で作りました。家で縫っていると「これ、私の着物だよね♪」といつもなんだか嬉しそうにしていました。七五三の写真撮影では出来上がった着物を着て、いつになくおしとやかにしていました(笑)娘にとっても私にとっても、この先ずっと思い出に残る作品になると思います。頑張って良かった!

<七五三の長襦袢>

ピンク色の着物の袖からチラッと黄色の襦袢が見えたら可愛いだろうな〜。と一目で気に入った生地です。縫い上がって娘に着せてみると、襦袢だけでもすごく可愛い!着物を着せるのがもったいないくらいでした。肩上げやら腰上げやら手順の多い子供物ですが、先生がテキパキと指導してくださってなんとか着物、長襦袢、袋帯、全て七五三までに完成することができました。先生、ご指導ありがとうございました。


やまもとコメント

よかった!大変嬉しいです。これこそ山本が手渡したい、お手伝いしたい喜びなのです。この子の人生に母親の愛情がどれだけ手渡されたのか計り知れませんね。七五三〜成人式はその子の為の祝い着を魂に着せてそこまで育った命を祝う節目の行事です。形になった着物と共に永遠の思い出になってゆくでしょうね。振袖も頑張りましょう!!

生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

木の葉模様の袷

作品名 木の葉模様の袷
制作者 K .S さん

受講生徒コメント

先生から”これはいかが !?” とお見せいただいた布地は私の大好きな木の葉がいっぱいの柄で一目で気に入りました。
出来上がるまでの間、実を申しますと布地の地色が明るい色でしたので、実際に着用した時に、一層明るさが増して高齢者にはいささか派手すぎるのではないかと心配になり、主人に端布を見せましたところ、”白髪頭にピッタリ、ソフトな雰囲気でOK,OK”と言われ、納得した経緯がありました。

 

 

やまもとコメント

柔らなものではなく、紬地がご希望で、Sさんの上品で優しい雰囲気にピッタリ!と思い、ぼかしの訪問着をお見立てさせていただきました。ご主人様にも気にいっていただけるか心配でしたが、「OKでした」と聞き安心しました。八掛にも表と同様の木の葉模様があります。着用して歩いていただくと、葉が揺れて見えて素敵だろう!と今から着用を楽しみにしています。

生徒の作品集  訪問着 付下げ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

紅花染めワークショップを行います

ワークショップ 紅花染め帯揚の製作

昔、金よりも高価だった紅花の染料。そこから生まれる貴重な色は人々を魅了しました。

そんな草木染めを体験し、ストールにもなる絹の帯揚げを手にしていただけます。

ワークショップ・紅花染体験(帯揚/ストール) 講師:桐生 貴法  

13日(水)~16日(土)  10:30~/13:00~/15:00~

[料金]4,500円(2枚目 3,000円)  予約制    参加者には会期中に更に10%オフになる券を進呈します。

 

ワークショップのお申し込みはメール、電話、工房にて、ご希望の日時の空き状況をご確認ください。

電   話:045-410-0410

メール:info@yamamoto-kimono.com

 

 

同時開催◆山本きもの工房 仕舞展 半期に一度の工房展示会〜

毎回ご好評をいただいている、半期に一度、工房の布たちを少しお得な価格でご紹介できる展示会、今期も開催が決定しました。

期間中は10%割引(会員の方は更に10%割引のものもあり)となりますので、この機会にぜひお手にとってご覧いただけたらと思います

会期:11月13日(水)〜 16日(土)

時間:10時〜17時 

場所:やまもと工藝

 

 

 

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

横浜STビルの生徒作品の展示を入れ替えました。

10月末から横浜STビルでの展示作品が入れ替わりました。

 

今年初売りでの福袋の中から、白生地染めの反物の着尺と羽尺を選んだ方の作品が展示されています。

来年の初売りでも皆様に喜んでいただけるような品を考え中です!お楽しみに!

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

12月のお教室

2019年12月の和裁教室のお休み日時と、着付教室の日程をお知らせします。

4月より午後のお教室の時間がかわりました。

14:00〜16:30 → 13:30〜16:00

16:30〜19:00 → 16:00〜18:30

 

お教室のお休み 

夜の教室(18:30〜21:00)はしばらくお休みさせていただきます。

12月  2日(月)終日

12月  8日(日)、9日(月)終日

12月16日(月)終日

12月23日(月)〜 31日(火)終日

 

着付グループレッスン(1回2時間)

次回の開講予定は4月です。決まり次第お知らせいたします。

 

マンツーマン着付教室 詳細はこちらから

講座内容:アイテムにあわせた自分好みの美しい着姿になるコツを

     じっくり自分のペースで学ぶことができます。

     ご希望の日時をいくつかお知らせください。

     講師とスケジュールを確認し、日程を調整させていただきます。

 

ご予約はメール、電話、工房にて、ご希望の日時の空き状況をご確認ください。

電   話:045-410-0410

メール:info@yamamoto-kimono.com

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

深緑色の紬

作品名 深緑色の紬
制作者 M.M さん

 

受講生徒コメント

母からもらった紬ですが、紺地に織り出されている白い絣柄のむらが気になって、ずっと着用しておりませんでした。和裁教室に通い、仕立て直しが自分でできるようになってきたので、思いきって全体を濃い深緑に染めて絣柄が殆ど見えないようにして縫い直しました。
袖に大きなしみがあったので、着用したら見えない下前と交換し、右後身頃は内揚げから下を上下入れ替えて、おしりに当たる部分のしみを脇に持っていきました。他の着物から外した八掛の色がマッチしたので、私にしては珍しくコントラストの強い組み合わせとなりましたが、生まれ変わった着物に満足しています。他にも仕立て直しをしたいものがたくさんあるので、ひとつずつ自分らしく変えていきたいと思っています。


やまもとコメント

和裁の技術は素晴らしいものですが、Mさんの様に活用している人はほとんどいないと思います。専門店でも理解していませんので、もはやこういう技術は無くなっていくと言っても過言ではありません。見ていただいてわかるように、まさに生まれ変われるのに。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

半期に一度の展示会

毎回ご好評をいただいている、半期に一度、工房の布たちを少しお得な価格でご紹介できる展示会、今期も開催が決定しました。

期間中は10%割引(会員の方は更に10%割引のものもあり)となりますので、この機会にぜひお手にとってご覧いただけたらと思います。

 

会期中にはワークショップも開催いたしますので、ご興味のある方はぜひお申し込みください。

 

ワークショップ・紅花染体験(帯揚/ストール) 講師:桐生 貴法  

[料金]4,500円(2枚目 3,000円)  予約制    参加者には会期中に更に10%オフになる券を進呈します。

13日(水)~16日(土)  10:30~/13:00~/15:00~

 

ワークショップのお申し込みはメール、電話、工房にて、ご希望の日時の空き状況をご確認ください。

電   話:045-410-0410

メール:info@yamamoto-kimono.com

 



着物や帯、それらが皆さんの心を潤してくれたら…との思いを込めたものでしたが、
展示会の会場そのものも心地よく感じていただけたら
こんなに嬉しいことはありません。

気になる布を手に取って、じっくりとご覧いただける機会です。
スタッフにもどうぞアレコレとご相談ください。
美しい色の重なり、じっくり見つめると表情が変わる驚き、
そんな心よきものたちを是非、見つけに来てください。

 

 

◆半期に一度の工房展示会

会期:11月13日(水)〜 16日(土)

時間:10時〜17時 

場所:やまもと工藝

 

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -