映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月23~25日 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 羽織りについて/ 24日 仕立もの見学解説/25日 長襦袢について 連日9:30~11:00
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

なごみ連載 第2回「長襦袢こそ大切に」より

今年27年1月から淡交社さんの「なごみ」にて、山本秀司が「美しい着姿のために」と題して連載をご依頼いただいていました。

 

第2回タイトル「長襦袢こそ大切に」

長着の上に着る長襦袢。下着なので見えませんし、見えないものであればそうそう凝ることはせず、既製品を使う方も多々いらっしゃると思います。しかし、美しい着姿を追い求めるなら、この長襦袢こそ自分の好みに合わせたものを作ることが大切です。襟元を深く合わせるのが好みの人、浅く合わせるのが好みの人、襟の衣紋を多めに抜きたい人などさまざまだと思いますが、長襦袢の襟元をしっかり作れば、それを土台として長着も綺麗に着られます。長襦袢を丁寧に着ることは、美しく着るための土台づくりとなるはずです。

〜冒頭より抜粋〜

「なごみ 2016年2月号」にご興味のある方はこちら

メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

なごみ連載 第1回「美しい着姿のために」より

今年27年1月から淡交社さんの「なごみ」にて、山本秀司が「美しい着姿のために」と題して連載をご依頼いただいていました。

 

第1回タイトル「お誂えはマイ寸法で」

これから毎号、着物の基礎的な知識からちょっと知っておくと役立つ裏技まで、着物初心者やより美しく着られるように磨きをかけたい方々に、このコーナーをお届けしていきます。

「誂える」とは自分の好みを伝えること。着物を作るのに「誂える」という言葉を聞きますが、これは「自分の思うように作ってもらう」という意味です。つまりは自分の好みに合わせてオーダーすることであり、既成の出来上がり品はこれに当てはまりません。

〜冒頭より抜粋〜

「なごみ 2016年1月号」にご興味のある方はこちら

メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

淡交社「なごみ」

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。



茶の湯、裏千家に通づる淡交社「なごみ」一月号より「美しい着姿のために」というテーマで毎月、お話をしていくことになりました。

 27年3月号において男の着付けと取り扱い方に付いて指導監修させていただきましたが、この号が好評だったことから連載をとお話がありました。私などで大丈夫かと大変心配ですが、光栄なこととお受けしました。

 皆さんお手に取って拝読していただければ大変ありがたいです。一年間がんばりますのでご声援頼りにしております。ぜひご感想などをお聞かせください。工房にも置いておきますのでどうぞよろしくお願いいたします。


メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

「ハマの職人」取材を受けてました。

ご報告が遅くなったのですが、、、
去年の暮れに横浜市経済局から「ハマの職人」という企画で取材を受けました。
中学生高校生にも紹介して行く趣旨という事で快諾したのだった。

取材を受けたこともすっかり忘れていましたが、
お教室の生徒さんにYoutubeで面白いシリーズがあると思い見ていたら、まーなんと出てましたよ!と教えてもらいました。ビックリ!
もっと紹介したら良いのにとアドバイスもあり、せっかくなので、ここでもご紹介しますね。見てみてください。自分の声って嫌なもんです。




メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

繊研新聞

大分前になるのですが、8月26日の繊研新聞に工房のことが掲載されました。
ここまでの成り立ちや、仕事に対する私たちの考えを取材していただき、
読み返しても今までのことが、思い出されました。




メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

[季刊きもの]夏 184号

 

「仕立ての基本と工夫]を連載しています。
「東日本大震災に思うー暮らし方が変わり、衣への価値観が変わる」です

それと
和裁のひろば 「特集ーハンドメードで広がる着物ライフの楽しみ」
山本きもの工房を6ページに於いて特集していただいています。
この載せ方で皆様読めるか心配ですが、テキストでお出し出来なくて
すみませんです。
読めない方いましたらコメント入れて頂けますか。考えますので



生徒さんの座談会による、和裁が持つ可能性について語られています。

枠内「ひと工夫」は山本の仕様スタイルとは違います。
山本の場合は、3分(1センチ弱)なんです。


ご案内/申し込みはこちら「季刊きもの」
山本きもの工房にて、販売もしています。
100円引きの送料込みで発送もいたします。メールにてご連絡ください
メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スタッフに取材

TVKテレビ NEWSハーバーの方達が、取材に見えました。
私にではなくて、スタッフに!笑
じつは10月にも取材があったんですけど、(やっぱりスタッフに〜)その伝手かと思いきや
まったく知らなかったとか。本当にありがたい事です。感謝

前回こちらにお知らせしなかったので、見過ごしたという声がありまして・・・汗
(きるものがたり展真っ最中だったな)今回は事前にお知らせすることが出来ました。





  こちらは前回の様子、番組「カナフル」



NEWSハーバー:月曜〜金曜18:00から放送、県内の最新ニュースやカナガワの話題や情報をお伝えする報道番組
その中の特集「ハンサムウーマン」:神奈川県内で活躍し輝いている様々な職業の女性が、その仕事への取り組み方や考え方、ライフスタイルを紹介するコーナー
というご説明でした

12月24日(金)18:08〜約8分間放送 TVKテレビ
メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ダイアモンド社の和裁に見る視点

 ダイアモンド社のビジネス情報サイト「ダイアモンドオンライン」
から取材を受けました。

その名も「絶滅危惧種なお仕事ガイド」それも「第1回
            〜儲からなくても幸せな生き方〜


だ、そーです。。

最初の依頼電話からしておかしい。笑

「あの〜ダイアモンド社の者ですけど、
 絶滅危惧種的なお仕事の特集で取材をさせていただけないかと〜」

ふつう「はっ!」と言って怒ってしまいそうだが、そうとは考えずにいられた。笑

前もって、繊研新聞社の宮下さんから
「絶滅危惧種なお仕事というタイトルの取材の依頼の連絡が行くけど、そーいう理由ではなくて山本さんの所には、こーいう世界の中にあっても浮上していく何かがあるからさ、紹介したからよろしく頼むよ!」
と連絡が入っていたのだ

タイトルからして笑ってはいられないのだが、D社の狙いは正しい!
そう感じたのだった

ならばいろいろと、「少し」お話しましょう と笑って迎えられたのでした。

話の後半で締めさせていただいてます。 こちら


 にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ   人気ブログランキングへ  
それぞれ順位が付いています。ポチっとしてくださると上がります
メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

[季刊きもの]冬 第178号

[季刊きもの]冬 第178号 好評発売中!(株)繊研新聞社より発売されております

知り合いの記者さんから、「山本さん、居る〜」と電話!
「いるさ〜工房だもん」
と言う訳で、イタリア帰りのその記者さんは、何かいろいろと話したいからさ〜
と訪ねて来てくれた
で、業界話なんかしてお茶べりしていたら、何かスラスラと速記している
なんか面白い事でも言った?
「ウン、これ記事にするから」!
エ〜〜先に言ってよ!ずいぶんラフに喋っちゃったよサ、
と言いつつ…
しばらくして送られてきた「季刊きもの」を見ていたら
うちの名前が出てきて、アッ、そんな事もすっかり忘れていた。
でも的を得たこと言ってるじゃん。。あたり前か自分で言ったんだから。
前置きが長くなりましたが、よくまとめていただいてるので…

特集「次世代和裁業の展望と課題」P91、92に掲載されました、ご紹介いたします。

ユーザーの要望が工房の機能に

「もっとユーザーに目を向けて、ユーザーのために手間ひまをかけることが大事」
と言うのは、山本きもの工房(横浜市)の山本秀司さん。
同工房は10年ほど前から生活者向けの和裁教室を開講してきた。
生徒の口コミで教室の存在が広まり、現在、教室には約80人の生徒が在籍し、
60人弱が常に通っている。
 教室では運針の指導はするが、基本的にカリキュラムは設けず、生徒が縫いたいものを縫いあげられるよう技術的なアドバイスをしている。
「成人式を控えた娘のために振袖を縫ってあげたい」と教室に通った生徒もいた。
さまざまな思いを込めて完成させたきものを集め、
市内の百貨店で展覧会も開催するなど、
発表の機会、市場への情報発信の機会も設けている。

 「一般の生徒さんなので、『ここはどう縫ったらいいの?』
と尋ねられたら、その縫い方を教えています。
いわば答えを教えてあげているわけです。
ただ、10年ほど教室をやっていて、生徒さんたちも育ってきました。
答えだけではなく、なぜその縫い方をするのか、
背景を知りたいという人が増えてきました。
一つひとつの技術の意味や、
そうした技術を使うまでのプロセスの意味などを指導する
“和裁文化教室”のようなあり方へと進化させる段階に入ったと感じています。
どう具体化するかが課題」

 個人客からの仕立ての注文やきもののオーダーも増えてきている。
「きものの流通は小売業が中心になって行われてきましたが、
今は生活者自身が
自分の好みや予算に応じて流通ルートを選ぶようになっている」
と山本さん。

そうした個人客の要望を受け、織元を探しては素材を仕入れ、
体型や好みに合わせて仕立てる。
その繰り返しの中で織元のネットワークが広がり、
織元からの素材の提案を受ける、
また山本さんからも和裁士の目で見たときの仕立てが生きる素材を
提案・依頼する、という交流に発展している。

 「お客さまの好みは多様化・個性化しています。
100人いれば100通りのテーストや仕様がある。
これまで和裁士は一般に、取引先のテーストの枠内で仕事をしてきましたが、
今やその枠を超えた資質が求められています。
技術はもちろんのこと、
デザインや着心地など“衣”に関するさまざまな可能性を発見し、
それを生かすための研究が必要です」
 そうした研究の過程で、工房のオリジナル商品も開発してきた。
コートやマント、パンツ風袴など、
和裁士の技術と感性、作り手とのネットワークを生かし、
今のファッション感度に合わせて仕上げている。
価格は15万〜30万円が中心。
今秋には、大島紬の産地とコラボレートし、
リバーシブルの大島紬コート(33万円)を開発した。
奄美大島で採った糸で織り上げた新素材を使い、撥水加工を施したもの。
ユニセックスで着用できる。

「当工房の取り組みは、すべてユーザーの要望から始まったもの。
そこに和裁士ならではの提案も組み込んで発信しています」。
その結果、ユーザーが求めている機能が工房に残り、
そのクオリティーアップにつながってきているのです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村    人気ブログランキングへ
       お願い!順位見たいでしょ。
       生徒様は2つともポチっとクリックしましょうね。。笑
 
メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

お知らせ

約5年間にわたり、世界文化社発行の家庭画報やきものサロンの表紙を中心として
毎季刊20〜30点のお仕立てを賜ってまいりました。

名前の掲載のない時(発行側のご都合)に心配されて声をかけて下さる方もいて、
そいう時もしっかりとやってはいたのです。
気にして見ていて下さる方もいるんだと無頓着を反省する時もありました。

各女優さんの寸法を把握し、割り入って飛び込んでくる納期に対応し
夜中1時2時にもなる事がある打ち合わせ、
はたまた待っていたのにもキャンセル!何てことは茶飯事
それは気にしてくださる方々が居てくれるからこそ…

今回は、3号ほど人間国宝特集がつづき、最新の力作が来たでしょう
一度に20〜30点が狭い工房にあった時も、
1点でも何かあれば吹き飛ぶような小さい工房です
あったとしても助けてはくれないのが、当たり前ですし、
リスクが大きく
保険も大変です。
そんなことも反省し、
いい切り替え時だと判断し、
スタッフにも話し、

私の判断で今回でこのお仕事は、お休みすることにいたしました
今まで携わってくれたスタッフ、気にして見ていただていた方々
ありがとうございました。

その分さらに時間が出来ますので、皆様の仕事に専念いたします
流れをかえるわけです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | -