映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

蒔糊訪問着

 
作品名 蒔糊訪問着
制作者 M.H さん





生徒コメント

2枚目は袷に挑戦しようと「心よきもの展」で訪問着を選んで頂きました。知識のない私にとって、耳にする言葉がすべて「エッ何のこと」「エッ何の話」「エッ何処のこと」といった感じで受け止めていました。

 縫ってはほどき、縫ってはほどきしながらも、「糸こき」ができなくて糸を切られるたびに、着物がほどけてくるのではと心配になり、お願いした方が綺麗で安上がりでは、等々考えるようになりました。「糸こき」をしながら縫目が小さいのではと思ったりもしました。

とんでもない事に取り組んでしまったとやる気をなくしていたところ、姪の結婚式の案内がきて、「よし、この着物を着よう」と改めて決心し、先生の指導のもと完成することができました。「直線縫い」「本ぐけ」もまだまだですが、頑張ろうと思います。


ちょっとコメント
確かに大変な手間が掛かりますので、プロの我々に任せてしまった方がコストは低いのですが、自分で作り上げた、そしてそれを自分で着ている、家族に着せられるという物作りをやり遂げていけている事が大切なのではないでしょうか。
何事も最初の一歩は、困難なものです。
そこに恐れをなして踏み出せなかったり、途中で背を向けてしまったりしては自分が出会いたいはずの新しい自分には逢う事が出来ません。
生徒の作品集  訪問着 付下げ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

自作友禅唐草模様の付下げ

 
作品名 自作友禅唐草模様の付下げげ
制作者 A.Tさん




コメント
もともとは無地の着丈で、それに唐草模様を友禅染めにしたものです。
初めてきものの縫製を、それも袷で、着る日も決まっていました。
日が経つにつれ、なんて無謀なことをしてしまったんだろうと後悔しましたが、
ご指導のおかげで無事完成、予定した日に着ることができました。
ありがとうございました。
少しでも上達できるように、これからも頑張っていきたいです。

ちょっとコメント
友禅をご自作され仕立て上げました。究極の手作り着物生活ですね。
染めから仕立てまでを一貫して自身の手で作りあげる努力にただただ感服いたします。
なんて素晴らしいのでしょうか!ご自分におめでとうですね。
生徒の作品集  訪問着 付下げ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

初めての作品

 
作品名 初めての作品
制作者 NONNA N. さん





生徒コメント

山本きもの工房での第一作目の作品です。メートル法ではなく、鯨尺を用いることや、各部位の寸法を前もって算出しておくこと。そして、標はその都度追っかけ追っかけつけること、しかもコテで!!・・・等々。以前のカルチャー教室との違い・慣れない事ばかりで大変でしたが、本格的な職人さんの仕立て方を学んでいる喜びの方が大きくて、仕上がったときには大満足でした。

後で思いますと、先生方の手とり足とりのお陰で、ようよう仕上がったと言うところです。


ちょっとコメント
和裁師として全国的に先駆けて和裁教室を開いて15年以上になりますか。。当時、山本が教室を開いた!と随分プロの方々からビックリされ揶揄もされました。
しかし和裁への貢献度も認めていただいたか繊研新聞社からも称賛をいただき、今となっては全国の職業和裁師から技術に関するご質問や意見も求められるようになりました。
和裁師による和裁教室も今ではスタンダートにさえなっているのかと思うほどです。手本として参考にされるのは大変ありがたい事だと感じます。
振袖でも帯でも寸法直し等でも、何でもいいですよと言えるのは何にでも対応して応えてきた経験値からなのです。

生徒の作品集  訪問着 付下げ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

染め直した蝶々の附下

 
作品名 染め直した蝶々の附下
制作者 Y.S さん





コメント
娘時代に流行していたサーモンピンクの附下。今着るのには少し恥ずかしく、これから先ずっと着られる様に渋い色に染め直していただきました。
生地が厚くとても縫いづらく、糸こきに力が入り布が伸びてしまう気がして心配でした。
胴接ぎを何度も縫い直し、その度に余計な所に縫い目が出てしまい大変でしたが、何とか仕上げる事ができました。
4枚目なので、やっと縫い方が理解できる様になりました。
感激です。どうもありがとうございました。

ちょっとコメント
染め直すのには高度な技術がいります。予想が難しいのです。
色の指定は専門店でもなかなかできず、与えられた選択肢の中から色を選ぶ事が多いのですが、和裁教室では、そこのところをクリアして、なるべくお好きな色にするべく数えきれない程の染め直しの依頼を受けてきました。
買い替えた方が安上がりだと言われたとよく聞くのですが、そんあことはありません。
思い出の着物が生まれ変わる事は本当に感動できる作業です。
お手持ちの着物で、染替えたいなと思うものがありましたら遠慮なくご相談ください。


生徒の作品集  訪問着 付下げ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

柳蜻蛉絽付下げ

 
作品名 柳蜻蛉絽付下げ
制作者 N.K さん





コメント
柄合わせとぼかしのあるタイプを初めて縫いました。
毎回色々発見や学ぶことがあります。
今回は着る日が決まっていて、無事間に合って良かったです。
くけが以前より慣れてきたのですが、縫い目の仕上がりをみると、
まだまだだなぁとつくづく感じました。

ちょっとコメント
私も毎年、新たな発見や開発の事例が何件もあります。
当社は大きなお取引先がなくお客様ごとに合わせる誂えの仕様が多いので特に多いかと思います。
技術の行き着くところと言うのは無いのだと思います。
まだまだと思わず、今が最高と逆手の発想で楽しんでください。
生徒の作品集  訪問着 付下げ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

鴛鴦柄訪問着

 
作品名 鴛鴦柄訪問着
制作者 N.木さん





生徒コメント
毎度のことですが、工房で一目惚れして購入してしまった反物です。その時には自分で縫わなくてはならない事を忘れています…。そしてまた、無謀にもこの訪問着を5月の友人の結婚式に着たいという目標を立ててしまいました。初めての柄袷わせの着物でした。柄の合うように先生が用意して下さっているので、その通りに縫えば良いのですが、未だに”その通り”に縫う事の難しさを実感しています。
最後の方は、当日に間に合うか慌ててしまいましたが、先生のご指導の下、何とか間に合いました。素敵な柄なので、結婚式にぴったりです。今から着られる事を楽しみにしています。

ちょっとコメント
登喜男あんど登喜の意匠です。
この色柄とバランスは同ブランドの他のものよりいいと思いますよ。
柄の合わせ方は「キセ」と言う縫い目にかぶっている部分を計算に入れて、わざと柄をずらして縫い合わせなくてはならないので難しいのです。
私達はちょっとのお手伝いで、縫うのはご本人自身で間違いないのですから大いに自分を褒めましょう。
こんな大きな作品を自分で縫いあげられる教室っていいでしょ。
生徒の作品集  訪問着 付下げ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

藍染の訪問着

 
作品名 藍染の訪問着
制作者 K.S さん

こんな大作も仕上げることができる奥様になりました。





生徒コメント
何気なく立ち寄った売り場で目に止まった着尺です。
直感で本藍染ではと思い、「絶対に…!!」と求めたものです。
店員さんによれば、つい10分前に展示したばかりとのこと。
不思議な出会いを感じた着尺です。
山本先生に教えていただいている間に、
是非自分で縫うように主人からも強く勧められ、意を決しました。
前々回の「茶紬地の袷」を縫った時、先生からのコメントとして
「本ぐけを綺麗に早く縫うコツは」というお言葉をいただきました。
でも、本ぐけはまだまだ難しく感じます。
先生のお手を煩わせましたが、お陰様で素敵な訪問着が出来上がり、
嬉しい限りです。ありがとうございました。

ちょっとコメント
奥様のきもの姿を生活の中の一部ととらえて、素直に素敵だと表現できるご主人様がいて本当に素晴らしいご夫婦だと思います。
ご主人様どうでしょう。。こんな大作も仕上げることができる奥様になりました。
生徒の作品集  訪問着 付下げ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

花柄の付下げ


作品名花柄の付下げ
制作者 A.O さん




生徒コメント
知人からいただいた反物です。今まで小紋や無地ばかりだったので、
柄の部分を縫い合わせる(先生方に手を加えてもらっていましたが)のに緊張しました。
次回作はまた小紋なので、それが終わったらまた仕立ててみたいと思いました。

ちょっとコメント
柄がぴたりと合うように縫い上げるのはとても難しい技術です。
皆さん「キセ」という言葉をご存じないと思います。
これは縫い目が見えないように、一枚の生地を縫い目にかぶせる技法で少ない方が美しく見えます。
が、まっすぐ縫えなければキセの量を多くかぶせて、そう見せるしかないのです。
ですから斜めに繋がるような柄の場合は、そのキセの量を計算してずらして縫い合わせないと柄がキッチリ合って見えないのですね。
難しいので、せいとさんにとって一生懸命縫って柄が合った時には「ニンマリ」するような達成感が得られます。
「ここ掘れワンワン」は花咲か爺さんですが、達成感の花を咲かせる為に「そこ縫えホレホレ」と待ち針打ちを手伝ったりしています。


生徒の作品集  訪問着 付下げ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

娘に縫った附下

 
作品名 娘に縫った附下
制作者 田中 玲子 さん





生徒コメント
友人から娘さんにといって頂いた反物を仕立てました。
娘たちの受験の頃に独学で浴衣を縫うことに挑戦したのが、和裁を始めたきっかけです。
親が何かを一生懸命しているのを見れば勉強してくれるかなと期待してのことでした。
そのうちちゃんと習わなくてはと思い、稽古所をさがしていて山本きもの工房に出会いました。一つ一つ着物が仕上がる度に、この出会いに感謝しています。
これからも下手ではありますが、縫っていきたいと思っています。

ちょっとコメント
ちゃんと教えていないかもしれません(笑)でもそれだからこそ、山本の技術を惜しみもなく、皆さんの作品に注ぎ込めるという対極のバランスがあるのです。
知らず知らずのうちに作りあげてしまう皆さんは、たいしたものです。
生徒の作品集  訪問着 付下げ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

グレーモダン訪問着

 
作品名 グレーモダン訪問着
制作者 A.岩橋 さん





生徒コメント
初めての袷の着物です。もう少しででき上がりと思っていた矢先に地震、主人の転勤と続き、2ヶ月間お休みしました。6月に入ってラストスパートをかけ、完成しました。
訪問着を着る機会は少ないかなと思いつつ、布(柄?)の美しさにひかれて、次回も訪問着に挑戦します。

ちょっとコメント
シックでありながら、モダンなイメージが素敵な訪問着です。
山本の和裁教室では、前もって言っていただければ一定の期間お休みをしていただいてもかまいません。
中には何年ぶりに再開という人もいます。完成させられて良かったです。
素敵に着て、ご主人とお出かけください。
生徒の作品集  訪問着 付下げ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -