映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 長襦袢の着心地/ 24日 仕立て目利き処/ 25日羽織り奥深き難しき 連日9:30~11:00
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

4歳の孫の浴衣

 
作品名 4歳の孫の浴衣
制作者 A.K さん





生徒コメント
10才の孫に反物で浴衣を縫い、4歳になる孫には来年と割り切っていたつもりでしたが、
夏が近づくにつれて、縫ってあげたくなり、生地をさがしました。なかなか気持ちの動く生地に巡り会えずぐずぐずしていました。思い切って都内に行き決めました。お店の方が教えて下さった生地の量ではぎりぎりでしたが、先生が上手に裁断してくださり、形になりました。
時間も生地もぎりぎりで先生には感謝の気持ちいっぱいです。
孫のイメージに合った浴衣を着ている姿が楽しみです。

ちょっとコメント
お孫さんの成長をご自分で縫った物を着せて見守れるのは、嬉しい事ですね。これからも七五三そして成人式へと夢を膨らませてください。

生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

七五三の三歳用被布と簡単長襦袢

 
作品名 七五三の三歳用被布と簡単長襦袢
制作者 K.R さん






生徒コメント

姪っ子の3歳のお祝いに、お宮参りに着た祝着を着物に、義母の羽織を被布にして仕立て直しました。

 羽織は白地に大きな花?鶴?と金糸の入った洗い物だったので可愛らしい着物に合うか不安でしたが、中々他では見ないカッコ良い被布が出来たんではないかと満足しています。姪っ子が喜んで着てくれるかまたまた不安ですが。

当初11月に間に合うよう作成するつもりでしたが、急遽お盆までに完成させねばならなくなり、大慌てで先生に助けていただきながら何とか間に合いました。

 大人の着物と違って縫う箇所も少なくすぐ形になるので、縫っていてとても楽しかったです。ありがとうございました。



生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

孫達の浴衣

 
作品名 孫達の浴衣
制作者 Y.H さん





生徒コメント
姉の孫と私の孫におそろいの浴衣を縫いました。
大人用の阿波しじらの生地で2人分、ちょっと渋い柄で
将来のイケメン(?)君達に着てもらえると思うとうれしいです。
姉の孫はさっそく保育園の夏祭りに着たとのことです。

ちょっとコメント
汗っかきのお子ちゃま達にもサラサラした肌ざわりの阿波しじらでしたら、気持ちよく着られそうです。しじらの規格が変わり一昔より長く織るようになったので、足りなくて出来ないということはなくなりましたね。

生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

子供浴衣

 
作品名 子供浴衣
制作者 A.岩橋 さん





生徒コメント
工房の反物をゆずっていただきました。
黒地にブルーのひまわりの柄、7才の女の子は気に入るか心配しましたが、
私の顔をみる度に「もうできた?」のさいそく。作りがいがありました。
相変わらず直美先生におんぶにだっこの作品制作ですが、
針を持つ時間が楽しくて仕方がありません。次の作品もよろしくお願いします。

ちょっとコメント
楽しみに待っていてくれるのは、嬉しいですね張り合いがありますね。
この子と船の中で花火を見ていたのを思い出します。
料理が早く終わりすぎてしまって、あの時はこの子に助けられました〜

生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

はじめての絵羽合せ(こども)

 
作品名  はじめての絵羽合せ(こども)
制作者  M.K さん
生徒コメント

今ではめずらしい子供用の仮絵羽が手に入りました。かなり長い間店頭にかけてあった物の様ですが、素人目には特に難物には見えませんでした。まだまだ袷の構造や縫い方・順もいまひとつよくわかっていませんが、七五三にちょうどイイという気持ちが先行して、思い切ってチャレンジすることにしました。結果、いつもと同じく、なんだかよくわからないままステキにでき上がりました。特に、私が縫っても模様が合うのが今でも不思議です。(身頃と袖のところの模様も袖巾の寸法を無視したら合ったのかも・・・)いつも先生の準備とご指導と仕上げに感謝×感激です。これからもよろしくお願いします。

ちょっとコメント
素敵なのを見つけてきましたね。難があるものでもシミを取ったり色を塗ったりと様々な加工が対応出来ます。そういう最初の加工もどうコーディネートするかを判断していく事ができますので何でも相談ください。「仕立て上げる」とは、ただ縫うことだけではなく、布を形にしていく為のプロセスすべてともいえます。
生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

なごりの四ツ身

 
作品名 なごりの四ツ身
制作者 M.K さん





生徒コメント

子供の着物と言えば”四ツ身”。今まで浴衣、ウール単衣、袷といくつか縫ってきて、自分ではかなり慣れた気になっていました。そこで、今回は特に丁寧に縫うつもりで取りかかったのですが、逆に今まで以上に”お直し”の連続になり、やっとのことでできあがりました。(いろいろもう目をつぶったところもあちこちに残っています)意外にも大人用よりも手間がかかる四ツ身や子供用着物つくり。手間のかかる面倒さより、手間をかけられるありがたさと喜びをいつも感じさせられます。次回、四ツ身を縫う機会が訪れるのは20年以上先でしょうか。先生それまでお教室続けてくださいね。 


ちょっとコメント
子供物はね、小さいからその分簡単に思えるのですが、分かりましたでしょ!手間が掛かるんです。終わったと思ったら、紐作り付けや肩あげ、腰あげとありますからね。でも出来上がったら、その分とても可愛いですね。ピョコピョコ歩いている姿が目に浮かびます。

生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

七五三の祝い着

 
作品名 七五三の祝い着
制作者 N.Kさん





生徒コメント
3歳の娘の為に縫いました。
三ツ身の着物と被布、共に実家に眠っていた母の羽織を洗い張りして縫い直しました。
子供の着物を縫うのは初めてでしたが、先生の懇切丁寧な指導のおかげで、技術のない私でも何とか完成することができました。
決して上手とは言えませんが、娘への思いが詰まったかけがえのない作品となりました。
嬉しかったのは、94歳の祖母が、この着物を着た娘の晴れ姿を見て、とても喜んでくれたことです。
今から40年以上も前に、祖母が母の嫁入り道具として誂えた羽織が、娘(祖母にとっては曾孫となります)の祝い着になるとは思ってもみなかったことでしょう。
祖母から母、私、娘へと形を変えて引き継がれたこの着物を囲んで、「やっぱり着物っていいね」と話がはずみました。
娘が大きくなったら、七五三の思い出と共に、この着物についても語り継げたらいいなと思います。

ちょっとコメント
きものって本当にいいですよね。
「一族のパワーに守ってもらえる」ようですね。
着物はタンパク質でできているのですから、一心同体なわけです。
生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

千紗の雛祭、一ツ身の振袖

 
作品名 千紗の雛祭、一ツ身の振袖
制作者 K.H さん






生徒コメント
入間に嫁いだ二女に女の子が生まれ、1月末に1才、桃の節句に振袖を着せてやりたいと思い立ちました。小さきものの可愛らしさに針を進めながら思わず顔がほころびました。が、大人物と手順は同じ・・・時間に追われる中、直美先生もハラハラと心配して手伝って下さいました。入間に持って行く前日、背守りをつけて完成!
幼き命が健やかに育つようにと、背縫いのない一ツ身の着物の背に針目を通して背守りを付け、邪気を払うという先人の智恵と祈りを受け継ぎたいと思います。来年の雛祭には、お対の被布を作ってやりたいです。
千紗本人はまだ何を着せられてもトコトコと歩き回っているだけで、喜んでいるのは大人達でした。楽しい桃の節句になりました。ありがとうございました。

ちょっとコメント
表の着物には背縫いがないといけません。そこに縫目がある事で針が通ったという証になるのですね。これが魔除けになるというのが私の持論です。長襦袢はなくても大丈夫なのです。
こんなことでも、きものの話が聞きたい人はぜひ和裁教室に入会してください
生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

三才の孫の祝い着

 
作品名 三才の孫の祝い着
制作者 A.K さん





生徒コメント
五十年以上前に私が着た七歳のお祝着の生地が、洗い張りされた状態で見つかりました。それを孫の七歳のお祝着に縫い直した折、三歳のお祝着の被布を作れる分が残っていると教えていただきました。
なので二人目の孫が三歳になるときに被布を作ることにしました。
中の着物はタンスに眠っていた私の若き日の羽織を、先生にご相談してこの孫のきものに作り変えました。
孫の健やかな成長を願いながらの一針一針は心豊かな時となりました。
アンティークな着物ですが、孫が喜んでくれたこと、お似合いだったことで大満足です。両親の私への愛情を改めて感じられたことも嬉しいことでした。

ちょっとコメント
着物がつなぐ親子の絆。絶えず一緒にいるときは自然すぎて感じられなくとも、
時代を超えて想い起こさせてくれることに、この着物が良きアイテムとしてあるのですね。
生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ひな祭りカラーの袖付被布とウール単衣

 
作品名 ひな祭りカラーの袖付被布とウール単衣
制作者 M.K さん




生徒コメント
寒色が好みの5才児用に、手頃なウールがみつかったので、
ひな祭り用に作ってみました。
袖付の被布があることを先生に教えていただくまで知りませんでした。
袖の縫い方が着物と違ったり、たて衿やマチの縫い方が
前作3点とビミョーに異なり、予想以上に苦戦しました。
が、でき上がってみると、ちょっとお姉さんぽいかわいらしさが感じられます。
飾り紐かわりに、我流で着物の残り布でつまみ細工風の花を作ってみました。
元々は台を作ってブローチ風にするつもりでしたが、
とりあえずそのまま縫いつけてしまいました。あとで台を作るつもりです。
また、被布の残布でも同じ様な花を作って、
コーディネートを楽しめる様にしようと思います。

ちょっとコメント
子供のものは、何回教えても可愛いです。
あー、Mさんの愛情がたっぷり入っているんだな。
生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -