映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

沖縄染織いざなふの風:6月11日〜12日、日本橋COREDO室町3 三階「橋楽亭」にて
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

染替えた道行コート

作品名 染替えた道行コート
制作者  A.岩橋 さん








生徒コメント
結婚が決まった時、母はたくさんの着物を自ら縫ってくれました。「若い娘の着物はきれいでたのしいねぇ」と、夜になるとおしゃべりしながら縫っていました。

その若い娘もはや60才。さすがにそのまま着ることができないので染め直し、その当時はやりだった短い羽織をコートに作り直しました。

母の糸をほどくのは寂しい様な気がしましたが、母にとっては娘がコートが縫えるほど成長して嬉しいという思いのようです。

ちょっとコメント
きものの思い出は世代を超えて受け継がれるもの。お母様とのやり取りが頭に浮かびます。

工房のお教室でも、皆さんよくおしゃべりしていますよねー。
縫っている時って、オンとオフが自由自在なので、そんなこともおもしろい理由だと思います。
楽しく縫ってもらえる事が一番です。だからコートも出来上がるんですね。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

紫根染 絞り 道中着

作品名  紫根染 絞り 道中着
制作者  N.K さん








生徒コメント

某朝ドラヒロインの羽織を見て、「あ!」と思い出した古い反物。
眠っていた反物は羽織ではなく道中着となりました。
裏は工房で選んだもの。とても気に入っています。
飾り紐はあまりかわいいものは似合わないかも、と、茗荷結びにしました。
道中着を縫わなかったら知らなかったかもしれません。
お休みがちのお稽古ですが、日々あくせくとしていている私には、
和裁のお稽古は気持ちを切り替える大切な時間です。
先生、ありがとうございます。

ちょっとコメント
着物を縫うことは昔の女性にとっては必須科目で、学校の 授業にもあり、上手になる事が良い結婚相手の条件にもなりました。その頃の和裁というのはまさしく必死に訓練のように縫う和裁でした。それが今、形が変わり、山本に来て縫うことが至福の時といってもらえることは、プロの和裁士の私たちにとって至福の言葉となります。こちらこそありがとうございます。
生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

きものから雨コートへ

 
作品名 きものから雨コートへ
制作者 K.F さん





生徒コメント

いただいた着物をほどき、雨コートにしました。

はじめての道行衿、ポケット、くるみボタン。

ひとつひとつ教えていただきながら、どうにか仕上がり、ほっとしました。

軽いコートが欲しかったので、とてもうれしいです。


ちょっとコメント
大島の様な細い糸の素材を雨コートにするのにはとても適しています。とにかく軽いですし外出先で脱ぎ着するのにもすぐコンパクトになり扱いやすいですね

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

大島のコート

 
作品名 大島のコート
制作者 橋本 恵子 さん





生徒コメント
着物の状態で頂いた袷の大島でしたが、少し古くなっていたので自分の物に縫い直しをと思い、先生に相談してコートということにしました。
暖かそうに出来上ったので、お出掛けが楽しみになりました。

ちょっとコメント
どんな生地がコートに適しているのかというと、糸が細く、軽く、薄くできているにもかかわらず、少し張りがある生地・・・そう、まさしく大島なんかは最高にこの条件に合っているのです。コートにはガード加工することも  私はお勧めします。
生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

コウモリ柄うら地の道中着

 
作品名 コウモリ柄うら地の道中着
制作者 H.Y さん





生徒コメント
幸運と慶事のしるしの吉祥文様であるコウモリ柄の裏地を選びました。この生地との出会いは某百貨店の催事でした。朱色の地にコウモリが飛び交いインパクトがあり、是非、羽裏かコート裏に使いたいという思いがふつふつとわいてきました。

ちょっとコメント
主に大陸での風習であったのがそのまま日本にも入ってきているようです。まさに「裏」にその幸運が忍んでいるというか、ささえてくれているというか、ものすごくいい保険というか、これは心強いですね。
私の羽織の裏にも9頭の馬が描かれていて「何事もうまく行く」っていうの持っているんです。こんどチラッとお見せしましょうね。
生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

黒コート

 
作品名 黒コート
制作者 永本 道子 さん





生徒コメント
羽織をコートに仕立て直しました。
短い丈の羽織が裏に別布を使うことで丈を伸ばすことが出来る仕立て方を指導いただきよかったです。
背縫いや脇はきせをかけない為、細かく縫わなくてはいけないところが難しかったです。
黒いコートはどんな着物にも合いそうで、着るのが楽しみです。

ちょっとコメント
昔のコートや羽織りは生地がもう出ないから丈が出せないと言われて諦めてしまっていませんか。
一種類の考え方しか持っていないと、ぱっと見ただけでそう判断してしまうのですが、これは少し知識が足りないか技術的な問題です。

コートと道中着はこちらの本にも解説してあります。

新・和裁入門 

ゆかたから袷きものまで仕立てに生きる知識と技術

発行:繊研新聞社 著:山本秀司

価格:税込み 3,086円                Amazon


新聞社からご連絡があり、この手の出版物としては異例的に売れていますとご報告を受けました。本当に有り難いことです感謝いたします。


生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

着物から道中着

作品名 着物から道中着
制作者 A.M さん

    


生徒コメント
いただきものの単衣の着物を道中着に作り直しました。
道中着は袷とは縫う順番が違っていたり、
裾の始末も無かったりと、色々新鮮で楽しかったです。
最後の飾り紐をミシンで縫い合わせる時に細くしすぎてしまい、
自力で引っくり返すことができず、
先生にほとんどやっていただいてしまいました。すみません。
でもひも結びの種類も色々あって、あれこれ結んでみたのも楽しかったです。

ちょっとコメント
道中着はコートの部類に入りますが、仕立ての成り立ちは全く違う別物です。
道中着は着物の変形としてすべて手縫いで仕上げますが、コートは西洋からの舶来が元となりミシンで縫う技術も発達しました。
山本の誂えでは、道中着も(紐も)コートもすべて手縫いで仕立てあげます。

コートと道中着はこちらの本に詳しく解説してあります

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

三世代の衣 道中着

 
作品名 三世代の衣 道中着
制作者 田中 玲子 さん




コメント
母が持っていた羽織を私が10代の頃に着物に仕立て直して着ていたものを、
今回道中着に又、リメイクしました。
私には少し派手かなと思うのですが、
娘と兼用で着たらと先生に言っていただいたので、仕立て直してみました。

ちょっとコメント
田中さんは、京都出身の日本舞踊の先生です。
お嬢様もその後を目指して頑張っておられます。
きっとこの羽織も3代にわたって大活躍することでしょう。
皆さんの持っている着物も想っていればそうなるはずです!

横浜由来の七々扇流日本舞踊に興味のある方は、田中さんをご紹介します。
9月23日、国立劇場にて「50回記念 推薦名流舞踊大会」夜の部の取りを努めます。
ご覧いただける方は工房にてチケットをお渡しします。


生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

絣糸使い大島の雨コート

 
作品名 絣糸使い大島の雨コート
制作者 木 紀子 さん





生徒コメント
雨女の私は、雨に降られる事が多く、
ずっと着るのが楽しみになるような雨コートが欲しいと思っていました。
工房にはいつも素敵な反物ばかりなので、
今回もその中から選ばせていただきました。
きれいなベージュ色の大島で、雨コートにするにはもったいない気もしましたが、
これから雨の日も楽しくなるようなコートが出来上がりました!
コートはとても細かく縫わなくてはならないので大変でした。
縫い目が大きくなってしまったり、曲がってしまったり、何度も縫い直しました。
初のスナップボタン付けも慣れずに難しかったです。
新しい作品が出来上がる度に、幸せな気持ちで一杯になります。

ちょっとコメント
絣糸を使い、緯糸にランダムに入れ込んだ鹿児島大島で作りました雨コートです
雨コートの仕立ては、特に難しい仕立ての類になります。それを感じられるようになったならば拘りや技術が高くなってきた証拠です。




生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

祖父の夏物で紗の道中着コート

 
作品名 祖父の夏物で紗の道中着コート
制作者 R.K さん





生徒コメント
実家の和箪笥をゆっくりゆっくり片付けています。これはもともと戦前の男物の夏の長着で、おそらく祖父のものです。ピンホールや焼けもあってコンディションは悪かったのですが、今まで残っていたことと、少し透ける細かい縞模様に、何か心惹かれて処分出来ずにおりました。
この度先生にご相談して、対丈の塵除け道中着コートに作り替えました。
滑る生地で、白黒の縞に目もチカチカして縫い辛く、途中モチベーションが下がって困りましたが、完成までお導き下さいまして、大変ありがとうございました。
着用出来るようになって感激です。DNAも喜んでるような気がします(笑)

ちょっとコメント
日本ってイいいなぁ。。。きものってイいいなぁ。。と思えます。
とても粋な感じに仕上りまして、カッコいいという言葉がぴったりでした。
ぴったりに計算して作られているので、正にはまっていました。

コートと道中着はこちらに詳しく


生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -