映画賞

きるものがたり 山本工藝(新しい屋号になりました)

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。山本工藝の徒然。。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

母へのウールの単衣と羽織

 
作品名 母へのウールの単衣と羽織
制作者 M.K さん

ここにこっち向きの模様があればという所にはすべてピッタリそのように模様が出るようになっている






生徒コメント
1〜3つ目の作品として、着物好きの父へウールの単衣、正絹長襦袢とウールの羽織を作り、プレゼントしました。
すると母はその都度「私はもう着物は着ないからいいの」とポツリとコメント(京都人なので、これは強いリクエストの意味)。その後、子供物などを作り、少しは上達?というより縫うのに慣れてきた気がするので、母のひとそろいにとりかかることにしました。
手持ちの反物の中から、母の好みに合いそうなものを選びました。どちらを着物にしようかとちょっと迷いましたが、大きな雲型の方は柄は好みには合うものの、着物にするとアンティーク調すぎる気がして、羽織にすることにしました。
思案して決めた時には、ブルーグレーの控えめな小紋は着物の形になりさえすればそれでよしと思っていたのです。ところが順に縫い進んでいくうちに、ここにこっち向きの模様があればという所にはすべてピッタリそのように模様が出るようになっていることに気がつきました。
そうして仕上がってみると、反物だった時より格段によくなり別物のようです、大満足です、ありがとうございました。
このあと、長襦袢と半幅帯を作って、来年のお正月のプレゼントにしたいと思っています。

ちょっとコメント
お母様はきっと、さぞかし大変だろうと気を使っているのでしょうね。
半巾帯や作り帯でしたら着ていただけますよ。同じに見える生地だからこそ柄の出し方で絵羽物のように見せることもできます。
生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

グレーの羽織

 
作品名 グレーの羽織
制作者 S.T さん

お好みの色をオーダーして染めました。





生徒コメント
前作の着物の足し布として購入した残余の布を羽織に仕立てました。
羽織を縫うのは初めてで、教えて頂くままに縫うばかりでしたが、
羽裏の色が明るい色でしたので、楽しく縫い進む事ができました。

ちょっとコメント
お好みの色をオーダーして染めました。
このような微妙な色は、やはりお誂えしようと思わないと出来ないですね。
羽裏は長襦袢地を使っています。
生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

桜紅葉図単衣

 
作品名 桜紅葉図単衣
制作者 橋本 恵子 さん

「先取りする」とは、来るめぐる季節に想いを馳せる、日本人にしか出来ない美意識です。



生徒コメント
桜と紅葉なので、春と秋両方着れるかと思い求めました。
縫いやすかったのですが、少し地が厚いので、
暖かい日に着ると暑いかなと思います。

ちょっとコメント
着物の柄には、そういう季節を問わないものの方が多いいのです。
その中にあって、四つの季節感を出そうとする日本の美意識特有のお洒落もある訳ですね。
この時に大切なのが、「先取りする」ということです。
ジャストの柄にしてしまうと(それもいいのですが)この「先取り」の部分が欠けてしまいますから、何か色でも小道具の一つでも意識して次の季節の物を取り入れてはいかがでしょうか。
「来るめぐる季節に想いを馳せる」日本人にしか出来ない美意識です。
生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

乱菊の羽織

 
作品名乱菊の羽織
制作者 N.T さん




生徒コメント
20代に作った羽織を染めかえて、少し丈をのばして作り直しました。
今まで作った物に比べ縫いやすかったのですが、
不器用さが目立つ出来上りになってしまいました。
次回はもう少し細かい所に気を配り、真っすぐ縫える様がんばりたいです。

ちょっとコメント
後ろ姿に大輪の菊の花!意匠も素晴らしくたいへん良い仕事がしてある羽織です

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

大島羽織

 
作品名大島羽織

制作者 ベッチィ さん





生徒コメント
きものを着るようになったばかりの頃、
職場の先輩からゆずっていただいたアンサンブルの羽織です。
少し中が大きいなとは思いながら、そのまま着続けていました。
今回やっと直したので、今後も長く愛用していきたいです。
初めて羽織を縫いましたが、これまでに作った着物と
全く違う工程にビックリしながら、楽しく作れました。

ちょっとコメント
行程の違いが分かるなんて、さすが枚数をこなしたベッチィさんならではですね。
何年も通って来てくれてありがとう。
結婚して新居も建築中につきお休みに入ります。
その幸せの行程も、式も参加させていただきまして。。。
いったん卒業ですね。おめでとうございました!
生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

洗朱木の葉模様羽織

 
作品名洗朱木の葉模様羽織

制作者K.萩原 さん





生徒コメント
長女が弓の稽古をしていて羽織が欲しいとのこと、
工房で選ばせていただき、縫い始めました。羽織を縫うのは初めてです。
教えていただくままに針を進めていくと、マジックのようにでき上がりました。
衿の本ぐけが長かったです。
長女の誕生日が9月、ちょうどいいプレゼントになるとうれしく思っています。
ありがとうございました。
(弓の仲間で羽織を探してリサイクル店へ行ったそうですが、
友人たちは次々ピッタリを見つけたのに、大柄な長女はどれも
ツンツルテンでがっかりしたとか。大切に着てほしいです。)


ちょっとコメント
羽尺の反物でありました。しっかりと手作りされた素敵な生地です。
お値打ちアウトレットで山本に置いてありました。
3万程だったと思いますが、お嬢さんにも気に入ってもらい採寸もすませました
それを娘さんのためにご自分でオーダー寸法で仕立てられる。
ちょっと素敵なことだと思いませんか。

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

黒地小紋の羽織

 
作品名 黒地小紋の羽織
制作者 K.T さん





生徒コメント
黒地に水玉のような小さい輪模様が所々に散らばってモダンな印象の反物に出会い、一目で気に入りました。
羽織を作りたいと思っていたところ、先生から残りの布地で帯もとれますと教えていただき、おそろいの帯も作りました。
裏地は藤色のぼかしを縦縞にずらしたもので、表地のかわいらしさをキュッっとひきしめた印象にしてくれる素敵な裏地で気に入っています。

ちょっとコメント
着尺で羽織を作る場合で、最初から帯を作る事を決めていればそれが出来るのです。
裏地のコーディネートも長いものを使用し、バランスを取ります。
準備は少し大変です。いつもより、ない頭を使わなければなりませんので(笑)
生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

羽織(染め・仁平幸春/作)

 
作品名 羽織(染め・仁平幸春/作) 
制作者 永岡 道子さん




生徒コメント
孫のお被布を縫った残りの生地を染めてもらい、自分の羽織にしました。
いろんな着物に合わせ易く、グレー系を希望とざっくりお伝えして、
山本先生にお願いしたのですが、染め上がりは想像していた以上の出来で、
とても気に入りました。
これまで孫のものばかり縫っていて、自分のものは初めてでしたが、
教室に通う度に少しずつ形に成っていくのが楽しかった。
これからもマイペースで楽しみながら続けたいです。

ちょっとコメント
反物というのは、目的を持てばいろいろと使い分けることができます。
まず白生地の状態から、お孫さんの被布分をオーダーで染めて、
縫い完成させました。残りを染色作家仁平幸春氏に依頼し、
永岡さんに合う色柄を染めていただきました。
生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

青色花模様長羽織

 
作品名 青色花模様長羽織
制作者 角田 裕子 さん





生徒コメント
袷の着物をほどいて羽織に作り直しました。
柄も気に入っていたので、羽織にしたほうが出番も増えそうで、
今から着るのが楽しみです。

ちょっとコメント
きものを解いてから羽織に作り変える事ができます。
襟の山に接ぎ手がつきますが、気になるようなことはありません。
レトロ調な柄のもの、若かりし頃の派手目な長着など、羽織にすると
雰囲気がちょうど良くていいですね。
それでも派手めだと抵抗感があれば解いたあと、上から淡いグレー色を染めて少し落ち着かせることができます。
生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

母の羽織姿

 
作品名母の羽織

制作者H.K さん





生徒コメント
羽織はあまり着る事はないと迷ったが、
母が出掛ける時に羽織って居る姿を思い出し、
形見のつもりで一枚ぐらい気に入ったのを
もらっておいてもいいかと持ち帰ったもの。
ちょっとした思い付きで縫い直しをする事になったのですが、
出来上がったらしまっておくよりは着る事にしましょう。
何時になる事でしょう。


ちょっとコメント
お母様の残されたものを、自分の寸法を合わせて縫い直す。
または形を変える。
色を染め変える。
きものが日本の文化衣装として残されている所以です。
きものを後世に残す、和裁はそんな文化を伝えていく礎となっています。

羽織は丈が長くならない、裄も短い、と勘違いしている方が多いですね。
プロの和裁士のかたもよく考えてください。本当に丈は出ませんか?
衿先の縫い込みがないと本当に丈が出せないか
よくよく考えていただきたいなと思います。
そんなことはありません。
生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -