映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

きるものがたり展’18:生徒作品展 4月19日(木)〜24日(火) そごう横浜新都市ビル 9階 入場無料
沖縄染織いざなふの風:5月6日〜8日、6月11日〜12日、日本橋COREDO室町3 三階「橋楽亭」にて
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

羽織から帯へ

作品名 羽織から帯へ
制作者 Pip さん

 

 

 


受講生徒コメント

羽織だったものを解いた状態で譲られた生地は、濃い橙色が印象的でした。ずっと放置されていたものが、機会を得て生かすことができました。しかも、欲しいと思っていた夏向きの帯になり、嬉しく思います。着物と違って工程が多くないので、すぐ形になるのも楽しかったです。

新しい着物もよいのですが、手元にある受け継いだものを一枚づつ自分に合った形に整えてゆくことが楽しみになってきています。

 

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

夏塩沢に合わせた帯

作品名 夏塩沢に合わせた帯
制作者 冨谷 さと子 さん

 

 

 

生徒コメント
「心よきもの展」で、飾ってあった夏塩沢が以前から欲しくて、購入を決め、その着物に合う帯をとの希望に、直美先生が予算内で見繕って下さいました。
かっこいい系の粋な帯!! 私好みです!!(似合う似合わないは別として)
夏に着られるように早く仕上げましょうと、ほとんど先生におんぶに抱っこで、早く仕上げさせていただけました。
絹の張りのある生地のため、ただでさえ針の下手な私でしたが、ますます苦戦しましたが、本当に何度もチェックをして直して下さる先生のおかげで縫い終わることができました。
この帯に合う銀座結びもいつかマスターしたいです。
ご指導ありがとうございました。

ちょっとコメント
これ麻地だと思えるくらい張りがありますけど、絹です。撚りを多くかけるとこの風合いになります。

夏芭蕉とうたっている生地をよく見かけますが(芭蕉は全く入っていません)それと同じです。

着たときのお写真ありがとうございました。グレー地の紗夏塩沢にこの帯!素敵な女性で輝いて見えてました。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

名古屋帯

作品名 名古屋帯
制作者 A.Mさん

 

 

 

生徒コメント
黒っぽい帯が欲しくて、工房の帯地を見せて頂きました。その場にいた方々のご意見も参考にさせていただいて、一番使い勝手が良いものが選べたと思います。
名古屋帯の仕立ては二度目でしたが、縫い終わって表にひっくり返す時のワクワク感はたまりません。

ちょっとコメント
織楽浅野さんの帯です。上品、モダン、可愛らしさ、それぞれ違う趣向のセレクトでもまとめ上げてしまう浅野さんの帯。

なぜなら山本が選りすぐった逸品が揃えてあるからです。

着物をお持ちいただければ、これぞと言う浅野さんの帯をお見せします。

 

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

羽織を帯に作り替え

作品名 羽織を帯に作り替え
制作者 Y.M さん









生徒コメント
母の古い羽織を二枚、名古屋帯に仕立て直しました。
ずっとしまったままだったので、あちこちシミがひどかったのですが、先生がシミは帯にしたときに目立たないところへ回して、つないでいくと昔の短い丈の羽織が帯一本分の長さになりました。凄い!
かわいい柄だったので、使えるものになって嬉しいです。

ちょっとコメント
羽織が帯になるの?と驚かれる方も多いですが、接ぎを入れながら帯の形にする事ができます。それも日本の和裁技術の神髄で、一本の糸でやさしく縫い合わせていますから、生地への負担が少なく、痛めていないので再生しやすいという特長を持っています。そこがすごいですね。昔の羽織は大柄が多く、いい景色のものもありますので、そういったものを現代の帯にすることはとてもモダンな帯になって素敵ですね。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

立体形状の帯

作品名  立体形状の帯
制作者  Y.Hさん






 
生徒コメント
「心よきもの展」で出会いました。
「立体に織る」という世界、藤田織物の想い、お話には大変感銘とおどろきを覚えました。熟練の職人さんに織られた帯の光の当たり方により、様々な表情に変化していく様子を楽しみたいと思います。
ほぼ3シーズン締められるということで、大切にしたい帯です。
 
ちょっとコメント
大変素晴らしい織り上がりの八寸帯ですね。この張り感伝って来ますでしょうか?
麻地ではなく、絹地で表現してあります。
皆さんが勘違いしていることで九寸帯の幅を狭く織るのが八寸帯と、出来上がりの幅をかえただけで八寸帯が織り上がるだろう!幅もないし、かえって楽なのでは?とお想いの方がほとんど。
実は大変さ、技量が問われるのがこの八寸帯なのです。
着用事は芯も入れることはしないし、耳は見えるし、そのものだけでカッチッと完成していなければなりません。
目利きの視点として「そのものだけで帯として成立している」かどうかです。
その点で藤田さんにはいつも脱帽するのです。
生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

一目ぼれした帯

 
作品名 一目ぼれした帯
制作者 田中 玲子 さん





生徒コメント
11月のこころよきもの(展示会)で一目惚れして買ったものです。
これまでは帯はつづれ織りのものをよくしめていたのですが、
もう少し違ったものをと思っていたところに出会った帯です。

ちょっとコメント
一目惚れされて嬉しいです。。。私ではないですが嬉しいです。
私も藤田織物さんに惚れ込んで、お付き合いさせていただいています。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

友人が染めた麻の半幅帯

 
作品名  友人が染めた麻の半幅帯
制作者  N.睫 さん



 
生徒コメント

 以前、友人に染めていただきました浴衣用の半幅帯です。

 とても素敵な染めだったので、この浴衣に負けない帯を探していましたが、

 なかなか出会いがありませんでした。

 この際、帯も染めていただこう!・・・と素人の思いつきで、

 またまた友人にお願いをして染めていただいた帯です。

 お願いをする方は簡単ですが、頼まれた友人は大変だったようです。

 温度、湿度、季節によって染まる時間が違い、納得のいく作品に仕上げるのは、

 至難の技なのだそうです。初めての帯仕立てでしたが、

 先生にご指導いただき、素敵に仕上がりました!

 来年の夏が楽しみです。友人と一緒に浴衣でお出掛けしようと思います!
 

ちょっとコメント
これぞ、お誂えの真骨頂です。一生懸命作ってくれた感がにじみ出てて、そこがとても可愛らしい作品でしたよ。お友達に感謝!ですね。。笑
生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

唐花柄名古屋帯

 
作品名  唐花柄名古屋帯
制作者  M.H さん

 
生徒コメント
白系の帯が欲しいと思い、きもの展で探してみましたが、白というのは抵抗があり、この色に決めました。袋帯と同じような色なので失敗かなと思いつつ、名古屋帯に挑戦。
芯地を縫い込みで挟み、表に出ないように下敷きを使い、ひと針、ひと針確認しながら縫っていきました。先生の言われるように縫っていくのが精いっぱいでした。
薄い紫、ピンク、グリーンが少し使われていて、そこが気に入っています。
 
ちょっとコメント
プロは下敷きは使わないのですが、お教室の生徒さんには技術を習得しながらだと時間がかかるのでこれを使います。
生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

羽織からの名古屋帯

 
作品名  名古屋帯
制作者  T.大木 さん

生徒コメント
ずっとどうしようかと考えていた知人に頂いた羽織、私には派手でそのままでは着る事もできない、羽織は帯に出来ますよと教えていただき、さっそく初めての帯に挑戦しました。
結構古い物で、あちこちにシミもありましたが、上手く目立たないように仕上がりました。初めてで大変でしたが、なんとか無事に仕上がり本当に良かったです。着物とは、又違った感激です。

ちょっとコメント
大木さん、いい判断です。今ではこのような羽織はありませんものね。
お勧めして良かったです。
生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

手描友禅名古屋帯

 
作品名 手描友禅名古屋帯
制作者 Y.S さん




生徒コメント

工房の心よきもの展で出会った帯です。いままで見たことのない帯で、すぐ目に留まり、手にすると手描き友禅でした。

中心の花柄に刺繍がしてあり、洋風でもあり、とても気に入りました。

生地も柔らかく、縫いやすく感じました。裏の織糸もないので、ひっかかる事もなく、針を進める事ができました。

きれいに仕上げていただき、ありがとうございました。


ちょっとコメント
色のバランスがいい物は、素敵ですよね
世の中の手描き友禅は「手描き」というよりは「手差し」と表現した方がいいかも知れません。縁取りのところは判で刷っています。糊置きまで手でやってあるものはもっと奥行きが出ます。
生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -