映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

濃紺ウール紳士物単衣

     
作品名 濃紺ウール紳士物単衣
制作者 M.Kさん





生徒コメント
お稽古を始めて、7ヵ月。「ここからここまで縫ってください」という先生のご指導のまま、
なんとか縫っていると出来あがってしまいました。
(難しいところは、先生がさり気なく、「ちょっとかしてください」といって、魔法のようにササッ
と縫ってくださいましたので。)
父は、子供の頃、学校へ行く時以外は、着物しか着なかった、と祖母から聞いています。
ふいにその話を思い出して、今回の挑戦となりました。
何ごとも結果主義の父ですので、どんなコメントが返ってくるでしょうか

ちょっとコメント
最初はやはりお手伝いもないと難しいですよね。
だんだんと自分でやれるようになります。
中には「やってやって」とねだる生徒さんもいますけどね(笑)
生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

男仕立ての長襦袢

  
作品名 男仕立ての長襦袢
制作者 齊藤 勤さん





生徒コメント
長襦袢は2回目です。「前回よりは少し上手に・・・」と思いながらも、
全体の流れは「前回とあまり変わらず・・・」で、
点数は「前回+5点」位。(前回の点数は???)
もう1回、長襦袢に挑戦したい。

ちょっとコメント
齊藤さんは年配の男性なのですが、
在り来たりな、おじさんウェアーを着たオジイさんにはなりたくない、
着物生活を目指す!という気持ちで和裁を始められました。
時間がかかろうとも自分で仕立てた着物を着ている初心者の方っていないと思います。
胸を張ってどんどん着て、工房までお出掛け下さい。

結婚されて遠くにいるお嬢さんにも浴衣を何枚か縫って送っていました。
スゴク喜んで、催促されると照れ笑いしておりました。

生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

主人のための結城紬

  
作品名 主人のための結城紬
制作者 M.Yさん







生徒コメント
和裁を始めて2作目でしたが、主人に着物を着てもらいたくて男物の袷に挑戦しました。
くけ縫い等に苦労し、時間がかかりましたが、
先生方の丁寧なご指導のおかげで何とか完成することができ、
「良かった」と思っています。ありがとうございました。
自分的にはよく縫い上げたということで、70点あげたいと思います。
次回はもっと目が揃い、きれいに縫えるように努力したいと思っています。

ちょっとコメント
男物というのは、おはしょりがないので、寸法どりが非常に難しいんですね。
ご主人の体型を何度も測っていただきました。
生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

小千谷、お父さんの浴衣

 
作品名  男物の浴衣
制作者 N.H さん







生徒コメント

初めて男物を縫いました。習い始めのころはあまり興味がなく縫ってあげようか?
と言ってもいらないと言っていましたが、イベントに出るようになったからでしょうか、
反物を自分で選びました。縫いにくかったのですが、
手ざわりが良いので縫っていて気持ちよかったです。
娘と3人で浴衣を着て出かけられればと思います。

ちょっとコメント
浴衣というより着物ですね
涼しいですよ。これは(夏前に出来ておりました)
この夏活躍されましたでしょうか!
暑さ凄すぎた夏でしたが。
こんど聞かせてください
楽しみですね。レイ子ちゃん(お嬢様)も嬉しいでしょう!ぜったい。
生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

主人の正月用長襦袢

 
作品名 男性用長襦袢(グレー・鳥獣戯画)
制作者 M.F さん







生徒コメント
縫い始めてから約半年間お休みしてしまったので、
復帰してからも縫い方を忘れていて、ちんぷんかんぷんになっていて、
何度も縫い直しました。
そんな私を見はなさず教えてくれた千絵先生に感謝!です。
男性用は背縫も長く、袖のはぎなど大きくてとにかく大変でした。
このブランクに負けず、来年のお正月に主人が着ることができるよう、
これに続いて袷も今年中に縫いあげられるようがんばりたいと思います。

ちょっとコメント
千絵先生、誉められましたぞ!
先生も感無量です。よかったね
M.Fさん家族の文化の1ページに貢献出来たと言う事です
更に自覚を持って進んでください。。

生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

男物単長襦袢

作品名男物単長襦袢
制作者齊藤 勤 さん








生徒コメント
長襦袢の布地は柔らかくて縫いづらく、
本ぐけ、三つ折りぐけに苦労しました。
縫っては解き、縫っては解きの連続で、
最後は一針一針縫いました。
挫折寸前でした。
先生方の支えに感謝いたします。

ちょっとコメント
今は安価な衣も簡単に手に入る時代になりました。
私達の生活を支えてもらうには、それは大切です。
そんな中、何故に一針一針、苦労してまで
衣を縫いあげるのか・・・
答えはいろいろあると思いますが、
完成した時、袖を通した時、出掛けた時、
感じているはずです。
生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

師匠の男物着物

作品名師匠の男物着物
制作者田中 玲子 さん








生徒コメント
私の日本舞踊(七々扇流)の師匠の着物です。
お気に入りの紬なので表地を洗い張りし、裏を新しくして縫い直しました。初めての男物の袷でしたから、ちょっと難しかったです。
山本きもの工房ではこの様に思い出のあるもの等のリメイクを
普通の稽古場では出来ないことを教えていただけるので、
大変楽しく稽古に通っています。
これからもいろいろな物に挑戦していきたいと思います。

ちょっとコメント
実は男物の誂えを分かっている日本人(和裁士)は少ないのです。
びっくりされるかもしれませんが…
時代と共に着方やスタイリングの感覚や時代背景、好みなどが多様化しています。
変化しているので、それぞれに合わせないと!
私は変えているんですけどね、
今着る人の為にある!それが文化だと思います。
安土時代と江戸時代の小袖、同じ小袖でも全くの別物なように・・・

着物は1000年以上の歴史がありますが
洋服は庶民が着るようになって、たった
70年ほど
100年前はみんな着物だったんですよ!お忘れですか? 生きてないけど(笑)
僕らがいなくなってからどんな風に変わっていくのか楽しみですね


はがきサイズの書と篆刻の講座。。やります
生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ひげ紬の男物羽織

作品名ひげ紬の男物羽織
制作者福原 恵 さん








生徒コメント
お店の仕入れ商品で、ちょっとシミがある男物の羽織だったのですが、
生地に一目ぼれし、洗い張りをして夫のサイズの羽織に作りかえました。

・・・実はこの羽織の生地を買うにあたり、裏話がありまして、
お店を手伝ってくれているおじさんが、先にお取り置きをしていたのを、
どうしてもゆずってほしいとお願いして、
手に入れた(奪い取った?)んです・・・

男物の羽織は、振り縫いがないので気楽にかまえていたのですが、
袖付けの脇のとめは縫い代が少なかったので、少し苦戦しました。
先生の指導の下、すばらしい羽織に仕上がりました!!
羽織の柄が、背縫いで合っているところもこだわりがあり気に入っています。

ちょっとコメント
リサイクルショップの店員さんです。
ご主人へのプレゼント!愛情たっぷり自分の仕立て付きで(すうらやましい)
なので、たまに、
凄い物(本人は知らない)をびっくり価格で持ってきます。
その価値を伝えると本人もびっくり、大喜びしてました。
「ウソついて今度もらってしまおう(笑)」


はがきサイズの書と篆刻の講座。。やります

生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

男物の浴衣

作品名男物の浴衣

制作者K.F さん











生徒コメント
相撲を見に行った時の土産で、ずっと家で眠っていたものを使って、
初めて浴衣を作りました。
袖をつける時に、袖付け止まりの部分がきれいにできず、縫い直したり、
衿をつける時に、衿肩あきの部分がつれてしまい縫い直したりと
なかなか大変でしたが、できあがって嬉しいです。
夏に主人に着てもらうのが楽しみです。

ちょっとコメント
その浴衣を着ていただいて、ご一緒に出掛けて下さい。
相撲観戦も楽しく、思い出されるでしょう。


秘蔵の「夏の終わりの上布展」やります
お手のとどく!買える着れる上布を新しい山本の仕立てでいかがですか
生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

男物長襦袢

作品名男物長襦袢
制作者K.藤井 さん

生徒コメント
初めての男物の長襦袢でした。
居敷あてをつけるのが初めてで、とまどいましたが、
教えていただいたとおりに縫っていくと、
いつの間にか居敷あてがついていたという感じでした。
時間はかかりましたが、
この夏には着てもらう事ができそうで良かったです。

ちょっとコメント
白い長襦袢なので、写真を撮っておりません(真っ白なので)。
この生地は経綿に対し緯は極細120麻番手の糸を使用した広巾の生地です。
背縫いがないので、座った時の圧力!が背縫いにかかりませんから
縫い目が割れる心配がいらないのです
とても機能性に優れた山本オリジナルの長襦袢が出来上がります。
染めても麻と綿が混ざっているので、
良い感じになります。。
生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -