映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

沖縄染織いざなふの風:6月11日〜12日、日本橋COREDO室町3 三階「橋楽亭」にて
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

沖縄染織いざなふの風展コーディネート

/Users/yamamotokimonokoubou/Desktop/th_写真 2018-05-07 12 12 53_preview.jpg

5月に行われた沖縄染織いざなふの風展で展示されていた、沖縄の布と本土の布との取り合わせをご紹介。

6月の展示では、前期とは違ったコーディネートをお楽しみいただけます。

 

 

会期中は代表の山本秀司もおりますので、仕立てのご相談もどうぞお気軽にお声掛けください。

 

「沖縄染織いざなふの風」展  
日時:6月11日(月)、12日(火)11時 〜19時 (12日は16時まで)
会場:橋楽亭(COREDO室町3内 3階)

 

http://blog.yamamoto-kimono.jp/?eid=1025528

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

7月のお教室

平成30年7月の和裁教室のお休み日時と、着付教室の日程をお知らせします。

 

■お教室のお休み  

夜の教室(18:30〜21:00)はしばらくお休みさせていただきます。

7月  1日(日)、2日(月)終日

7月  8日(日)、9日(月)終日

7月14日(土)終日

7月16日(月・祝)終日

7月22日(日)、23日(月)終日

7月28日(土)〜 30日(月)終日

 

着付グループレッスン (1回2時間)

 

7月/浴衣・半巾帯講習 

日  時:7月14日(土)13:30〜15:30(定員 3名)

料  金 :4,500円(税込)

講座内容:浴衣、半巾帯の着付が初めての方も、久しぶりの方も、

     ポイントを確認しながら学んでいただけます。

 

マンツーマン着付教室 詳細はこちらから

講座内容:アイテムにあわせた自分好みの美しい着姿になるコツを

     じっくり自分のペースで学ぶことができます。

     ご希望の日時をいくつかお知らせください。

     講師とスケジュールを確認し、日程を調整させていただきます。

 

ご予約はメール、電話、工房にて、ご希望の日時の空き状況をご確認ください。

電   話:045-410-0410

メール:info@yamamoto-kimono.com

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

沖縄染織いざなふの風展コーディネート

5月に行われた沖縄染織いざなふの風展で展示されていた、沖縄の布と本土の布との取り合わせをご紹介。

6月の展示では、前期とは違ったコーディネートをお楽しみいただけます。

 

 

会期中は代表の山本秀司もおりますので、仕立てのご相談もどうぞお気軽にお声掛けください。

 

「沖縄染織いざなふの風」展  
日時:6月11日(月)、12日(火)11時 〜19時 (12日は16時まで)
会場:橋楽亭(COREDO室町3内 3階)

 

http://blog.yamamoto-kimono.jp/?eid=1025528

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

沖縄染織いざなふの風展コーディネート

5月に行われた沖縄染織いざなふの風展で展示されていた、沖縄の布と本土の布との取り合わせをご紹介。

6月の展示では、前期とは違ったコーディネートをお楽しみいただけます。

 

会期中は代表の山本秀司もおりますので、仕立てのご相談もどうぞお気軽にお声掛けください。

 

「沖縄染織いざなふの風」展  
日時:6月11日(月)、12日(火)11時 〜19時 (12日は16時まで)
会場:橋楽亭(COREDO室町3内 3階)

 

http://blog.yamamoto-kimono.jp/?eid=1025528

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

グループレッスン7回目

前回のレッスンで帯の種類についてお話を聞いていたので「今日は違う帯を持ってきました!」と生徒さんは八寸の松葉仕立ての帯をお持ちになりました。

自分で前太鼓の帯幅を調節したり、ちょうど良い幅を確認していきました。

生徒さんによっては毎回同じお着物や帯で手に馴れさせていく方と、違うものを使用し様々なパターンで着方を学んでいます。

少人数でのグループレッスンなので生徒さん一人一人の着方に目が届き、また他の人の着方や直す姿を見る事で着物を着る事への理解が深まっていきますね。

帯揚げの綺麗な結び方、帯締めの素早い結び方等細かいところまで気をつけながら、二時間半のレッスンで二回通して着る事が出来ました。お話しながらですが、約40分ほどで着れるようになってきました。

4月から全く着る事が出来なかったころから、素晴らしい努力ですね!
あと一回素敵な着姿目指していきましょう!

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

グループレッスン6回目

「練習してなくて・・・」とおっしゃっていましたが、確実に手が慣れてきているのが見てとれました。

一言に名古屋帯と言いましても、八寸幅や開き仕立てになっているものがあります。また帯の長さもキレイな着姿になるためには関係してきます。

レッスンではお待ちいただいた帯に合わせて、帯が長い時、短い時の処理の違いもお伝えしています。

 

帯結びにも慣れていらしたので、2時間半のレッスンで着物から帯まで2回練習しました。

着丈の直し方、衿合わせ、脇の始末等、直したいところにご自分で注意が向くようになってきました。すごい進歩ですね!

細かい修正ポイントがわかってくると早くキレイな着姿まであと一歩です!!

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

グループレッスン5回目

ゴールデンウィークがありましたので、レッスンは2週間ぶりとなりました。

「すごく久しぶりな感じがする。覚えているかな〜」とおっしゃっていましたが、これまで繰り返し長襦袢、着物を練習してきたので、手が覚えていたようです。

すっすっと手が動いている姿が気持ち良く感じられるくらいで、直す部分はほとんどなく着物の伊達締めまで締める事が出来ました。

 

本日は名古屋帯を重点的に。

ポイントは1巻目をしっかりと締める事です。

まわした手を前の方に持ってきてから引くのでは上手くしまりません。

きっちりとするためのは、反り気味に横に引く。すると2巻目は乗せるだけの感覚で締める事が出来ます。

 

自分に気持ちよくちょうど良い締め具合をマスターしていきましょう!
 

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

「沖縄染織 いざなふの風 」会場の様子をお届けします

 

 

 

「沖縄染織 いざなふの風」が昨日からスタートしました。会場は日本橋のCOREDO室町3の中にある橋楽亭。ゆったりとした時間の流れる心地の良い空間です。

 

 

 

紅型や芭蕉布といった沖縄の染色が中心の本展示会。こだわったのはその展示です。沖縄の布を本土の布とコーディネートすることで、モダンな着こなしを提案しています。

 

 

一点一点どれもこだわりのものばかりです。5月の会期は明日8日まで、どうぞゆっくりと見にいらしてください。

 

会期中は代表の山本秀司もおりますので、仕立てのご相談もどうぞお気軽にお声掛けください。

 

 

「沖縄染織いざなふの風」展  
前期:5月 6日(日)〜 8日(火)11時 〜19時 (8日は16時まで)
後期:6月11日(月)、12日(火)11時 〜19時 (12日は16時まで)
会場:橋楽亭(COREDO室町3内 3階)

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

シーサー出張中

普段工房の玄関にいるシーサーですが、今日は日本橋COREDO3の橋楽亭に出張中です。

沖縄染織いざなふの風という展示販売会を行なっています。

立夏を過ぎました。日本橋で沖縄の風を感じに、シーサーを目印にいらしてくださいませ。

 

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

グループレッスン4回目

特別なカリキュラムは用意してないのですが、全8回のコースの中で1時間ほど座学を行います。

着物や帯の種類、季節やシーンに合わせた組合せを確認していきます。

座学と聞くとお勉強と思われるかもしれませんが、先生の経験を交えてお話いただいたので賑やかな座学の時間になりました。

 

その後いつものように繰り返し練習していきます。

お着物の伊達締めを締め、鏡を見て「そうかー。長襦袢の合わせをもっと深くしないといけないのね」と生徒さん自身で改善点が見つけられるようになってきました。

 

本日から名古屋帯の練習に入る予定でしたが「着物をしっかりと着れるようになりたい」との要望があり、衿の合わせや脇の処理を重点的にレッスンしていきました。

その都度、生徒さんの声を聞きながらレッスンを進められるのは、特別なカリキュラムがないことの良さなのだと思います。

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -