映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

山本工藝とは

合わない着物を一生懸命にきてませんか?

和裁士・山本秀司  が主宰する山本工藝。
袈裟/袋/衣の仕立てを中心とした、きるもののトータルサポートをしている工房です
仕立ての良さはしっくりと体に馴染むという表現がふさわしい一級品(工料表)

全国のきものファンや、布好きのお客様にご信頼をいただいております

◎工房主催(和裁教室)が好評です
・山本工藝というプロの仕立て工房で、その技術を簡潔に教えています
・100人中99人が初心者の方です。針の持ち方から指導しています
・好きな物を、空いている時間帯で、ご自分のペースで進めます
・寸法や要所をしっかり指導します。初心者もその出来栄えに感動するでしょう
 生徒の作品集をご覧下さい、あなたにもできます
・あなたの「身体ににしっくり馴染む」きものの寸法を山本が割り出します
・「自分のきものを自分で縫う」この贅沢な感動を感じてみませんか?

◎その仕事は雑誌にも
家庭画報*1のきものコーナー  (’09年終了)
きものサロン*1の表紙などの着物(’09年終了)
・季刊「きもの」山本秀司の沖縄染織紀行「南の風に呼ばれて」連載
・季刊「きもの」*2 山本秀司監修「仕立ての基本と工夫」を連載
  ※1 発行/世界文化社
  ※2 発行/繊研新聞社
◎会員にはさまざまな特典を
・裁縫用具
・生地
・洗張り・染め替へ・ガード加工
・仕立てや寸法直しなどの加工代金など 
 以上5%OFFにて提供
山本とは 入会ご案内と、加工料金 | permalink | comments(0) | - | - | -

お知らせ

約5年間にわたり、世界文化社発行の家庭画報やきものサロンの表紙を中心として
毎季刊20〜30点のお仕立てを賜ってまいりました。

名前の掲載のない時(発行側のご都合)に心配されて声をかけて下さる方もいて、
そいう時もしっかりとやってはいたのです。
気にして見ていて下さる方もいるんだと無頓着を反省する時もありました。

各女優さんの寸法を把握し、割り入って飛び込んでくる納期に対応し
夜中1時2時にもなる事がある打ち合わせ、
はたまた待っていたのにもキャンセル!何てことは茶飯事
それは気にしてくださる方々が居てくれるからこそ…

今回は、3号ほど人間国宝特集がつづき、最新の力作が来たでしょう
一度に20〜30点が狭い工房にあった時も、
1点でも何かあれば吹き飛ぶような小さい工房です
あったとしても助けてはくれないのが、当たり前ですし、
リスクが大きく
保険も大変です。
そんなことも反省し、
いい切り替え時だと判断し、
スタッフにも話し、

私の判断で今回でこのお仕事は、お休みすることにいたしました
今まで携わってくれたスタッフ、気にして見ていただていた方々
ありがとうございました。

その分さらに時間が出来ますので、皆様の仕事に専念いたします
流れをかえるわけです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | -

「家庭画報」2009年11月号




世界文化社より「家庭画報」2009年11月号 好評発売中!

志村ふくみ・洋子 「日本の文化」を織る 

着る人/桐島かれんさん

P237 「湖上の春」 志村ふくみ/作
P239 「木曽路」  志村洋子/作
P240 「藤壺」   志村洋子/作
      
           仕立て/山本きもの工房


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村    人気ブログランキングへ
       お願い!順位見たいでしょ。
       生徒様は2つともポチっとクリックしましょうね。。笑
 
メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

「家庭画報」2009年10月号



世界文化社より「家庭画報」2009年10月号 

人間国宝のきもの から  着る人/檀ふみさん

P227 訪問着「西方の古跡」 佐々木苑子/作
P229 友禅 「漸層透文」   森口邦彦/作
P231 訪問着「晩秋」     福田喜重/作
P232 紅型帯「芭蕉の葉」  玉那覇有公/作
         花織の着物   ルバース・ミヤヒラ吟子/作
P233 訪問着「藍地縞花織」  宮平初子/作
 
                       仕立て/山本きもの工房


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村    人気ブログランキングへ
       お願い!順位見たいでしょ。
       生徒様は2つともポチっとクリックしましょうね。。笑
 
メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

「家庭画報」09年7月号,6月号



世界文化社より「家庭画報」2009年7月号 

素材で心地よく 涼を呼ぶ夏きもの から
P193 訪問着
P195 真栄城興茂制作 駒上布

    仕立て/山本きもの工房


          


別冊付録 家庭画報Weekend

都会の中の桃源郷から
P5、7 訪問着 着る人/南果歩
    
   仕立て/山本きもの工房 





世界文化社より「家庭画報」2009年6月号

品格のあるフォーマル より
P56 五つ紋色留袖
P58 大彦制作 五つ紋色留袖
P60 三つ紋訪問着
P62 一つ紋訪問着  
          
   仕立て/山本きもの工房 
メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

「家庭画報」2009年4月号




世界文化社より「家庭画報」2009年4月号 好評発売中!

桜づくしのきもの より

  着る人/ 南 果歩

   P196〜P200 桜のきもの    

             仕立て/山本きもの工房 
メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

「家庭画報」2009年3月号




世界文化社より「家庭画報」2009年3月号 好評発売中!

遊びを極める 観劇の着物 より

  着る人/原田美枝子

   P165 黒地に朱と金と若草の附下げ
   P165 塩瀬の染帯 金彩の鈴
   P166 塩瀬の染帯 荒磯文様
   P166 黄色地に波柄絞り附下げ
   P167 紫に源氏車の訪問着
   P168 スワン柄の訪問着
   P168 紺地に茶屋辻の帯
   P169 墨黒地に一輪のバラの訪問着
   

             仕立て/山本きもの工房 


人気ブログランキングへ 順位見たいでしょ。生徒様は必ずポチっとするように。笑
メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

「家庭画報」2008年12月号



世界文化社より「家庭画報」2008年12月号 

織の名手、染の巧手 いやしを織る5 着る人/桐島かれん
  P243
  P245 芝崎重一さん作の紬


           仕立て/山本きもの工房
メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | - | - | -

「家庭画報」2008年11月号



世界文化社より「家庭画報」2008年11月号 好評発売中!


 今どきの晴れ着 色留袖と訪問着より

 P245 着物  仕立て/山本きもの工房
メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | - | - | -

工房の仕事風景

先日、小紋だとかの柄合わせについてどうするか?
 コツは
 1万以上の組み合わせの中から
 無駄なことをバサバサ切り捨てて
 ピラミッドの頂点を探ると話しましたが、
 山本流の具体例を1つ。
 簡単に説明しますし
 いろいろな要素の中の一部分なので
 どう思われるかですが、良い例があったので
 

家庭画報9月号 P56 原田美枝子さん着 格子柄‐結城紬


どう創られているのかよく見ます
例えば手織りなのか、機械織りなのか、これ大事
どちらが織り始めかも分ります 
本当は分かっちゃいけないんだけどね !
先日、ある織手に…でしょ〜って言ったら
え〜そんなん分っちゃうんですか!?
やべぇ〜!だって
織っている時の心理が表れちゃうのね
そう
やべぇ〜のは好くないのです。が、

仕方がないので、その13mに現れるクセを把握するのです。
そーしてそれを利用します。 




格子を合わせる柄合わせにしましょう。
闇雲にやっては その内、面倒くさくなるのが関の山
見極めた「つもり”」までしか到達しません。
     
   大変ですが、格子の間隔を細かく図って記録にします
   そういう事をコツコツとやると、
   その反物の奥深いところまで
   感じる事が出来るようになります

 今までンンン枚やったかな〜
 面白いですよ〜
 名がある高い物でも、これはXXだな〜とか
 高くなくたってイイ物は、……欲しくなっちゃうし”笑
 あくまでもカンですよ。    
    
狭い間隔が織り始め、広いのが織り終盤といったところ
ここで日が変わったなとかもよく見ると分る
僕の想像ですけどね
色焼けなどもないかしっかり確認 
こういう色は、直ぐ焼けてしまいますから



メモの数字は基準にしたものとの差、何分。 
かなり違うもんなのが分る
そうしながらパーツ取りを考え、
繋がるところのピッチを
合わせていくと、ビタッと無理なく合うのです

 面倒くさからず、やるのがコツ、
 気付くまで熟練すれば、結果この方が早いですよ
 悩むと思いますが
 試す価値はあると思います。
 新しい世界が見えますよ。 


 反物の織り初めと終わりとの、時間の開きは
 少ない人から、果てしない人まで様々ですが
  (早い方が、良い織になる確率は高い)
 着物になるためにパズルのように切られた布々は
 織り始めと終わりが隣り合わせになって
 一枚の布になる事もあり得るのです。。
   (ダメな場合はしませんが)

 ですから糸の選択、染め、織り、に至るまで13mを同じ顔付きに、
 「どこまで持って行けるかも」
 作り手の方には重要なポイントになるわけですね
 いい衣に仕立て上がったところまで想定していただけると、嬉しいですね  



この結城、本当に美しい1級品、刷り込みだと思うけど
              (違ったらごめんなさい)
 こんなモダンな結城が創れる様になってきたんですね
 よこ絣だけではなくて
 升の両はじに、縦に絣を入れることによって
 角を引き立たせている。すばらしい。
 大変な手間を掛けてる
 前からあったかな?
 良い手法だーにくい見せ方だな〜と思った。。。のでパチリ!
 

山本流 技・知恵・仕様 | permalink | comments(6) | - | - | -

「家庭画報」2008年10月号



世界文化社より「家庭画報」2008年10月号 好評発売中!

 きもの姿を決める「帯の品格」より
 着る人/黄前ナオミ
 P233 黒地の訪問着 

            仕立て/山本きもの工房
メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | - | - | -

帯(黒地に梅)

作品名帯(黒地に梅)
制作者C.K さん







コメント
祖母が締めていた帯なので、
おそらく半世紀くらい前のもので、だいぶヨレヨレでしたが、
梅の柄がとても気に入ったので、
是非また締められるように直したいと思いました。

縮緬のようなやわらかい生地を初めて扱いましたが、
こんなに縫いづらいものだとは思いませんでした。
生地が薄くなってしまった部分に補強などして、
また締められる状態に戻ったので、
これから大事に使って行きたいと思います

ちょっとコメント
素晴らしい意匠の帯ですよね
あまりの良さに本気に
きものサロンか家庭画報の掲載の帯と
勘違いしていたんです。
「あらら、これ何時の納期だっけ?」
とノートとにらめっこ
 
 「違いますよ!」だって
  はい!そーですか。。失礼しました−。。。
生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | - | - | -

「家庭画報」2008年9月号



世界文化社より「家庭画報」2008年9月号 好評発売中!

「きもの」の品と魅力 第1回−結城紬と大島紬 より

  着る人/原田美枝子

   P54 黒字蝶模様‐本場結城紬
   P56 格子柄‐本場結城紬
   P56 駒井和子作 帯
   P57 絣入り七三縞‐本場結城紬
   P57 佐藤圭子作 花と鳩の型絵染め帯
   P58 青磁色地銅鏡模様‐本場結城紬
   P58 吉野格子の帯
   P59 鳶色地‐本場結城紬
   P59 江戸更紗染め帯


夢の世界を染める 織りの名手、染めの巧手‐4 より

  着る人/南 果歩

   P223 室伏弘子作 青芥子模様型絵染め訪問着 
   P223 築城則子作 小倉縞織り帯
   P225 室伏弘子作 花に窓模様型絵染め付下げ
   P225 関 史子作  ロートン織入り絣織り帯


              仕立て/山本きもの工房 

メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | - | - | -

「家庭画報」2008年8月号



世界文化社より「家庭画報」2008年8月号 好評発売中?

避暑地の旅支度 「藍が涼を呼ぶ夏のきもの」 より

  着る人/羽田美智子

    P217 砂川美恵子作 帯
    P218 新垣幸子作 琉球藍の八重山上布
    P218 玉那覇有公作 帯
    P221 松原伸生さん 長板中形長着
    P221 茶屋辻の帯
    P223 南風原の琉球絣長着
    P223 原田 重さん 紅型帯


             仕立て/山本きもの工房


あ〜もう9月号が届いてしまいました
メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | - | - | -

「家庭画報」2008年7月号



世界文化社より「家庭画報」2008年7月号 好評発売中!

     「琉球の宙を織る」

壇ふみさん着用の着物や帯など当工房でお仕立てを承りました

P239 壇ふみさん着用 砂川美恵子作 
      宮古上布長着、苧麻と芭蕉の帯

P241 壇ふみさん着用 砂川美恵子作 
      色無地の長着、宮古上布の帯

是非ご覧ください

メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | - | - | -

「家庭画報」2008年6月号


       世界文化社より「家庭画報」2008年6月号 好評発売中!


        風吹ジュンさん着用のお着物、当工房でお仕立てを承りました

         P205、P207、真栄城興茂「駒上布」と「型染め帯」


            是非ご覧ください





メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | - | - | -

「四つ葉クローバー探し」訪問着

作品名「四つ葉クローバー探し」訪問着
制作者H.S さん





コメント
あるおけいこの日、クローバー柄の可愛らしい刺繍の着物が
完成した場面に居合わせました
こんな素敵な着物、私も着てみたい…と思い、先生に相談したところ、
刺繍の豊田先生をご紹介頂き、愛情いっぱいの、それはそれは素晴らしい
クローバーの刺繍を入れていただくことができました
初めての袷は大変でしたが、山本先生、直美先生の
温かいご指導のおかげで出来上がりました
皆様に心から感謝しています
スタッフさんや生徒さん達の励ましもすごく嬉しかったです
世の中が「愛と平和」に満たされますように…
そんな願いも込めながら縫いました

ちょっとコメント
家庭画報で桜井幸子さんが着られた着物だったのです
記憶をたどりながら、生地の風合い、色の感じ、刺繍と、
染から全て復元してみました
生徒の作品集  訪問着 付下げ | permalink | comments(0) | - | - | -

「家庭画報」2008年5月号



世界文化社より「家庭画報」2008年5月号好評発売中!

「瀧音を描く」の特集 友禅作家 二塚長生氏作
原田三枝子さん着用のお着物、当工房でお仕立てを承りました。

P209〜P211 きもの 「白流」と「透流」

是非ご覧ください。
メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | - | - | -

「家庭画報」2008年4月号



世界文化社より「家庭画報」2008年4月号好評発売中!

「桜花いとし」の特集
寺島しのぶさん着用のお着物、当工房でお仕立てを承りました。

P282 帯ときもの
P283 きもの
P285 きもの
P286 帯ときもの

是非ご覧ください。
メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | - | - | -

家庭画報2008年2月号



世界文化社より家庭画報2008年2月号好評発売中
当工房でお仕立てを承りました

いつもより華やかに着こなす旅先で装うきもの決定版
P.142, P143, P148, P149, P151

是非ご覧ください
メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | - | - | -

家庭画報2008年1月号



世界文化社より家庭画報2008年1月号好評発売中
賀来千香子さん着用のお着物、当工房でお仕立てを承りました

帯で着こなす今どきの晴れ着の着物
P.125, P126, P127, P129, P130, P131, P132, P134, P137, P138
帯で着こなす今どきの晴れ着の帯
P134, P137, P138

是非ご覧ください
メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | - | - | -

KIE VOL.17



家庭画報 International Edition(KIE)にて宮崎あおいさんの振袖のお仕立物を当工房で承りました(P.83)

是非ご覧ください
メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | - | - | -

家庭画報2007年7月号



世界文化社より発売中の家庭画報2007年7月号
壇ふみさん着用のお着物、当工房でお仕立てを承りました

・夏ごろも 水文様で涼を呼ぶ
 水玉の着物(P.281)
 茶屋辻の着物と帯(P.282)
 観世水の着物(P.283)
 洲浜の着物と帯(P.284)
 貝尽くしの着物と帯(P.285)
 流水の着物と帯(P.286)

是非ご覧ください
メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | - | - | -

『源氏物語』七姫を染め、織る展

家庭画報50周年記念、きものサロン合同企画にて
家庭画報2007年5月号およびきものサロン春号にて紹介させていただた、きもの展示会が開催されます
一部を除いて当工房でお仕立てさせていただきました
ゴールデンウィークにご予定のない方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

期間:4/28(土)〜5/8(火) ※ 5/2(水)は休み
場所:東京都中央区銀座4-5-5 ミキモト本店6階ミキモトホール
時間:11時〜19時 入場無料

詳細は家庭画報にてご確認ください
メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(6) | - | - | -

家庭画報2007年5月号



世界文化社より発売中の家庭画報2007年5月号
当工房でお仕立てを承りました

・源氏物語七姫のきもの
 紫上の着物と帯(P.166)
 葵上の着物(P.167)
 六条御息所の着物(P.168)
 夕顔の着物と帯(P.169)
 花散里の着物(P.170)
 女三宮の着物(P.172)
 明石上の着物(P.173)
 その他(P.171の着物)

是非ご覧ください
メディアでみる 山本の仕事 | permalink | comments(0) | - | - | -